世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年1月2日
3

世界一“当たる”予言者、クレイグ・ハミルトン・パーカーが見た「2017年の日本」とは?

■2016年の出来事を次々に的中させた予言者

 今年の米大統領選は、多くのアナリストのみならず、予言者やサイキックたちも「ヒラリー・クリントン氏が勝利を収める」と予言していた。しかし、結果はご存知のとおりである。その中にあって「今回の大統領選では民主党が負け、共和党が勝つ」と予言した人物がいる。

 それは、英国人サイキックのクレイグ・ハミルトン・パーカー氏である。彼は昨年9月11日に発表した予言で、「ドナルド・トランプ氏は病気になり、共和党は急遽ジェブ・ブッシュ氏に候補者を変更します。ヒラリー・クリントンとの一騎討ちとなり、最後は共和党側が勝利するでしょう」と断言したのだ。

【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2017/01/post_11501.html】

 結果的に演説中に病気で倒れたのは民主党のヒラリー氏で、共和党の候補者も変わらなかったため、完全に的中したとはいえない。しかし、それにしても2016年に起きた出来事は、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏による予言とさまざまな面で合致した。たとえば、多くのメディアが「英国は結局のところEUに残留するだろう」という見方を示していたが、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏はやはり昨年9月11日に「英国はEUを離脱する」という予言を唱えていたのだ。

 ほかにもフランスにおける右翼の台頭、ドローンによる「イスラム国」(IS)掃討作戦、独メルケル首相の暗殺計画など、いずれの出来事も的中させている。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    憶測の上での発言は予言じゃない。曲解せねばならないのなら誰でも言えるわ、この馬鹿ちんが。

    10
  • 匿名さん 通報

    予言ほどバカバカしいものはありませんね。 偶然的中すれば当たった!と騒ぎ立て、外れればスルー 色んな予言者の予言見てきたけど、ほぼ全部外れてるし、解釈の仕方で偶然当たってるだけ 実にくだらない

    3
  • sena 通報

    クラーケンは笑うわwwwwwwwwwwwwwwwwww

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品