世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年2月17日
0

「死体遺棄の現場」「女の幽霊がいる」京都の廃モーテルを徹底取材! 大量の“御札”が貼られた内部に震えが止まらない

【謎の廃モーテル概要(場所や噂など)】

 京都府南西部には、奇妙な噂の絶えない廃モーテルがあります。日本におけるモーテルとは、駐車場と客室がひとつずつセットで備えられており、車で訪れて誰にも顔を合わせることなく宿泊できる施設のことで、要するに「自動車から降りてすぐ部屋に入れる、昔のラブホテル」のことです。

 問題の廃モーテルなのですが、インターネット上では「殺人事件が起きた」「管理棟の2階に女性の死体が遺棄されていた」などと噂されており、特に「唯一2階建てになっている管理棟の2階の窓に女の幽霊が現れる」という目撃証言が多く報告されています。

 また、廃墟内部の壁には大量の御札が貼り付けられているのですが、これは霊障に悩まされた持ち主が貼り付けたもの、という噂が根強いようです。

※その他の写真はコチラ→http://tocana.jp/2017/02/post_12325.html


【いよいよ廃モーテルへ突撃!】

 廃モーテルの外部です。かつて建物の前には、不法投棄されたゴミが大量に置かれていたようですが、訪れた際にはそれらのゴミは撤去され、網が張られていました。

 破られていた網の穴とトタンの隙間をすり抜け、管理棟内部へと潜入します。


【管理棟の内部へ潜入!】

 内部はかなり荒れていますが、人為的というよりも経年劣化による痛みのほうが大きいようで、あちこちにガタがきています。

 管理棟に入ってすぐの場所に、さっそく御札が貼られています。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品