世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年4月21日
0

北朝鮮版の【怪獣映画】が想像以上に素晴らしい…! 金正日が国家予算を注いだ傑作の内容とは?

 今、世界中を恐怖に陥れている北朝鮮・金正恩の父である先代の最高指導者・金正日は、生前2万本のビデオテープを所有していたといわれるほどの映画マニアだった。国民が見ると、公開処刑されてしまうハリウッド映画(脱北者の証言)を自由に鑑賞していた金正日は、『ゴジラ』シリーズや『男はつらいよ』シリーズといった日本映画も大好きだったという。そんな映画好きの金正日が、使い放題の国家予算を注ぎ込んで製作した北朝鮮版ゴジラ『プルガサリ』は、とんでもない政治的背景により、一定の期間封印されていた。

『プルガサリ』は、北朝鮮初の怪獣映画だが、初見では意外な完成度の高さに驚かされる。それもそのはず、特撮は円谷英二門下の中野昭慶、スーツアクターには前年(1984年)の『ゴジラ』でゴジラを演じたばかりの薩摩剣八郎など、世界に誇る東宝特撮の精鋭スタッフが、この撮影のために日本から招聘されていたのだ。彼らは、金正日の別荘に宿泊し好待遇を受けたという。そして監督には「韓国の黒澤明」と呼ばれた申相玉(シンサンオク)が抜擢された。作品は金日成主席の誕生日の祝賀として封切りを義務付けられていたので、北朝鮮側のスタッフは、絶対に失敗は許されない状況下、文字通り死ぬ気で製作に従事した。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/04/post_10154.html】


■『プルガサリ』あらすじ

 冒頭、祖国の英雄・金日成(金正恩の祖父)の生誕地・白頭山の頂が映る。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品