世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年7月17日
0

異次元からのエネルギー体をドローンがクッキリ激写! 謎の白い透明物体はオーブか、鳥の糞か!?

 無人探査機ドローンの出現は、今でこそ当たり前になった空撮を素人でも可能にした画期的な発明と言っていいだろう。しかし、ドローンの歴史は意外にも古く、第一次世界大戦時にはすでに着想されていたという。

 そして今、ドローンは謎のエネルギー物体から、アメリカのトップシークレットに至るまで、あらゆる場所で操縦されては、スクープをさらっているようだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/07/post_13848.html】


■ドローンがとらえた謎の白い物体

 UFOとエイリアンの情報サイト「UFO Sightings Hotspot」(6月25日付)によると、その未確認物体はまさに“青天の霹靂”そのものだったという。

 今年6月19日、場所はフランス某所。広々とした牧草地帯が広がる中、ドローンはゆっくりと草原の上を飛行していた。それだけなら、のどかな田舎の光景で済む話だろう。しかし、突如として謎の白い物体が、ものすごいスピードでドローンめがけて飛んできたのだ!

 一瞬にして起こった怪現象は、動画をスローモーションにして確認しないとわかりにくいかもしれないが、たしかに煙に包まれた白っぽい何かが激写されている。もちろん、動画は編集されていない。

 同サイトでは「異次元からのエネルギー体に、ドローンが偶発的に干渉してしまった結果、物理的に変化した瞬間をとらえたのでは?」と推論している。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品