世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年7月29日
1

【原発事故・実録】タイ料理で放射性物質を排出した男が語る「タイの“神食材”5選」! 加齢臭・抗がん・美容効果も

 今年1月、筆者が家族(タイ人の妻、5歳の息子、3歳の娘)を連れて放射線内部被ばく検査を受けた。その際、北海道から沖縄まで「日本人のほとんどが内部被ばくしている!」という衝撃的事実を知らされた。ところが、筆者ら家族の測定値は、平均以下の非常に低い線量であることがわかり、さらにタイ人の妻だけは“ND”(Not Detected、未検出)つまり線量が下限値を下回り、測定不能という結果が出た。このように良い意味で予想外の結果となった原因について考えてみたが、どうも我が家の食卓に頻繁に登場するタイ料理とトロピカルフルーツが主な要因ではないかという結論に到った。その理由は後述するが、今回は内部被ばくや抗がん作用など健康効果が高い5のタイ食材を厳選して紹介したい。


■内部被ばく検査の結果が低線量だった本当の理由は?

 検査を受けた我孫子内部被ばくセンターでは、われわれ家族4人が平均以下の低線量となった理由について、妻はよく汗をかくこと、家族は雑穀米を食べていることが一因ではないかと指摘された。ミネラル成分が豊富な雑穀米により、放射線デトックス効果が働いたのではないかという。加えて、たしかにデトックスには発汗が非常に効果的ともいわれている。

 だが、後になって考えてみると、雑穀米はたまにしか食卓に登場しないし、また妻が汗かきといっても、あまり汗だくになっている姿を見たことはない。そのため、低線量である理由は他にあるのではないかと思い、いろいろと考えをめぐらせてみた。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    地方の田舎じゃバナナとパイナップルしか手に入らない。この話が本当なら流通から取り残された日本人は甘んじて被爆するしかないってこった。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品