世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年7月30日
0

【原発事故・実録】タイ料理で放射性物質を排出した男が語る「タイの“神食材”5選」パート2! 加齢臭・抗がん・美容効果も

 今年1月、筆者が家族(タイ人の妻、5歳の息子、3歳の娘)を連れて放射線内部被ばく検査を受けた。その際、北海道から沖縄まで「日本人のほとんどが内部被ばくしている!」という衝撃的事実を知らされた。ところが、筆者ら家族の測定値は、平均以下の非常に低い線量であることがわかり、さらにタイ人の妻だけは“ND”(Not Detected、未検出)つまり線量が下限値を下回り、測定不能という結果が出た。このように良い意味で予想外の結果となった原因について考えてみたところ、最近になって筆者の体質に明らかな変化が起きていることに思い及んだのである。

 その変化とはズバリ、加齢臭だ。妻と結婚してから6年が経ち、以前はハッキリと自覚していた加齢臭が、いつの間にか消えていたのだ。筆者は現在61歳で、結婚当時も55歳であったことを考えれば、相当な加齢臭を漂わせていても何ら不思議はない。筆者の体臭を抑え、一家の放射線内部被ばくを低減したのは、やはり我が家の食卓に頻繁に登場するタイ料理やトロピカルフルーツとしか考えられない。事実、タイ料理に用いられる食材の栄養成分を調べてみたところ、なんと抗酸化物質を豊富に含むものが非常に多いのだ。抗酸化物質は、ほかにもメタボリックシンドロームや認知症の予防、アンチエイジングと美容などの効果も期待されるという。以下に、タイ料理でよく使われ、抗酸化物質を多く含んでいる食品5選を抽出し、詳しく解説する。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品