世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年8月12日
0

【衝撃】宇宙人の存在を認めた5人の政府関係者がヤバすぎる! 宇宙人と密会、UFO乗船、テレパシーで会話も…!

 世界各地から数々の目撃情報が寄せられる、未確認飛行物体(以下、UFO)や宇宙人の存在に興味を示す政府関係者は意外にも多い。中でも2016年の米国大統領選挙に立候補したヒラリー・クリントンは、「政府の極秘UFOファイルを国民に公開する」という公約を掲げたほど。そこで今回は、過去に宇宙人の存在を認めた5人の政府関係者を紹介しよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/08/post_14051.html】

■ジョン・F・ケネディ

 米国の第35代大統領に就任し、悲運な最期を遂げたジョン・F・ケネディは、宇宙人の存在を認めた政府関係者の一人だ。ケネディは当時、まだ冷戦中であったロシアと共に、宇宙計画を推し進める意思を表明していた。そして暗殺される数日前には、宇宙人とエリア51に関する情報の提出を要求。入手した情報を国民に開示しようと計画していたという。陰謀論界隈では、そんなケネディの思惑を知った中央情報局(通称:CIA)が、1963年11月に同国テキサス州のパレードに参加した彼を射殺したという噂も囁かれている。


■ドワイト・D・アイゼンハワー

 1953年に米国の第34代大統領に就任したドワイト・D・アイゼンハワーは、宇宙人と実際に会合を行っていたと伝えられている。元政府関係者によるとアイゼンハワーは大統領就任中、3度にわたる宇宙人との会合を秘密裏に進めていた。宇宙人と密会を重ねる彼の姿は、実際に当時の軍関係者らが目撃しているうえ、政治家の中には、アイゼンハワーと会合を望む宇宙人からの文書が存在することを明かした者さえいるほど。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品