0

シルバーウイン、日本人の手に合う6型Androidタブレット「ポケタブ6」

2013年3月12日 18時09分 (2013年3月13日 15時19分 更新)
シルバーウインは12日、6型サイズで重量238gのAndroid端末「ポケタブ6」を発売した。

希望小売価格は8,780円。

「日本人の手にぴったり合う筐体サイズを実現した」という。

同社の主力事業はPCおよびPC周辺機器の卸販売だが、今回、「タブレットスマートフォン・電子書籍の市場が拡大する中、よりお求め安い商品が期待されている」ことを背景に、製品の投入に至ったという。

「ポケタブ6」の本体サイズはW95×D11×H160mm、重量は約238gで、「日本人の手に馴染む」サイズとする。

OSはAndroid 4.0、プロセッサはARMのCoretex A8(1.2GHz)。

液晶は480×800解像度の6型ワイドで、5点マルチタッチ(静電式)に対応する。

ほか、主な仕様はメモリが512GB、ストレージが4GB。

カメラ機能は、30万画素のインカメラ。

通信機能はIEEE802.11b/g/n。

インタフェースはmicroUSB 2.0、microSDカードスロットなど。

駆動時間はWi-Fi接続時のYouTube再生で約2時間程度、ストレージ内の動画再生で3時間以上という。

販路はECカレントや特価COMなどのWeb店舗に加え、秋葉原にある実店舗「QCPASS」や「GENO MOBILE」でも販売予定。

今後は、7型の「ポケタブ7」、8型の「ポケタブ8」も展開する予定だという。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品