1

新Surfaceは10月末にロンドンで発表か 3日はMixed Realityイベントも

2017年9月29日 14時00分 (2017年9月30日 14時34分 更新)

米Microsoftが開催した2016年10月のメディアイベントでは、28型大画面の液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio」などを発表

[拡大写真]

 Microsoftにとって収穫の秋が訪れようとしている。Windows 10の次期大型アップデートである「Fall Creators Update(1709)」がリリースされる10月は、IT業界にとってWindows PCならびに周辺ハードウェアの収穫期だ。

 近年のMicrosoftは10月にメディアイベントを開催してホリデーシーズン商戦に向けたSurfaceの新製品を発表してきたが、2017年もまたハードウェアの祭典が開催される。

●10月のMicrosoftイベントは2回開催、第1弾の主役はMixed Reality

 複数の海外メディアが報じているが、米Microsoftは10月3日(現地時間)に「Windows Mixed Reality(MR)」関連のイベントを米カリフォルニア州サンフランシスコで開催する。既にメディア関係者らへの招待状が発送されており、何らかの新発表があるようだ。

 これまで10月開催イベントの主役はSurfaceハードウェアなどPC周辺であり、Windows MR限定というのは非常にレアだ。しかも開催場所は従来の米ニューヨークではなく、Microsoftにとって本来はアウェーの土地であるシリコンバレーの中心地の1つ、サンフランシスコとなる。イベントにはHoloLensの開発者である米Microsoftテクニカルフェローのアレックス・キップマン氏が登壇する予定で、Windows MRにフォーカスした内容になるのは間違いなさそうだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    パッドが売れると見込んで出した。さて、次に売れる製品は何だ?自分たちで考えられない会社は待ってるしかない。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品