1

デル、個人向けノートPCを刷新 第8世代CPUで約40%高速化、“フレームレス”モデルを拡大

2017年9月30日 17時00分 (2017年10月1日 17時14分 更新)

「New Inspiron 13 7000」

[拡大写真]

 デルは9月29日、インテル第8世代Coreプロセッサを搭載した個人向けノートPCの新モデル7機種を発表、同日から販売を開始した。同社が得意とする、ベゼル幅が狭めたデザインの採用モデルを拡大し、ユーザーのエンターテインメント体験を追求したという。

「New Inspiron 13 7000」「New Inspiron 15 7000」

 「New Inspiron 13 7000」「New Inspiron 15 7000」は、13.3型/15.6型のディスプレイを搭載するノートPCだ。従来機種に比べてベゼル幅を狭めた「スリムベゼル」デザインを採用し、表示領域を確保しながら本体サイズを小型化した。本体の素材にはアルミを採用。カラーバリエーションはシルバーとピンクシャンパンの2色。

 ディスプレイは最大180度まで開閉可能。両サイズともにフルHD(1920×1080ピクセル)のIPSディスプレイ(光沢)を搭載。15型モデルは色域がAdobe RGBカバー率100%のUHD(3840×2160ピクセル)タッチディスプレイモデルも選べる。

 本体サイズは13.3型モデルが309.7(幅)×215.7(奥行き)×15.19(高さ)ミリ、重さ約1.4キロ。15.6型モデルが361.4(幅)×244.5(奥行き)×18.8~18.91(高さ)ミリ、重さ約2キロ。

 価格は13.3型モデルが11万4980円から。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    いいなぁ、デルのデザイナって。数年前のMacBookをパクって仕事になるんだから。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品