0

パナソニック、頑丈タブレット「FZ-M1」に空間採寸用/温度測定用モデルを追加

2017年10月2日 11時22分 (2017年10月4日 12時34分 更新)

製品イメージ

[拡大写真]

 パナソニックは10月2日、同社製の頑丈タブレット「タフパッドFZ-M1」をベースにした3Dカメラ搭載モデル/赤外線サーモグラフィーカメラ搭載モデルを開発した。ともに2018年春の商品化が予定されている。

 「空間採寸ソリューション」向けモデルは、Intel RealSenseカメラモジュールを標準搭載しているのが特徴で、約40cm~約10m離れた対象物を3Dスキャンすることが可能。さまざまな立体物や、近づきにくい場所にあるひび割れの長さなどを素早く正確に計測することが可能だ。

 「温度センシングソリューション」向けモデルは、FLIR Systemsの赤外線サーモグラフィーカメラモジュールを装備。撮影した対象物が発する遠赤外線を測定することで、-10℃~450℃の範囲で温度を解析することができる。

 本体側の仕様は「タフパッドFZ-M1」に準ずる耐衝撃/防塵(じん)/防滴設計の堅牢筐体を採用。それぞれ、本体背面側に専用のカメラアタッチメントを装備した。また、3Dカメラと赤外線サーモグラフィーカメラの同時装着も可能となっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品