0

論客は「健康的」 政治家1位は小泉元総理

2008年8月27日 11時00分 (2008年8月28日 09時35分 更新)
 9月開会の臨時国会終了後は、解散総選挙への流れが早くなりそうだが、激務に耐えられる体は政治家にとって最も重要な「要素」。毛髪クリニックのリーブ21が健康的な政治家について、アンケートをした結果、1位に小泉純一郎氏、2位に東国原英夫氏、3位に麻生太郎氏、4位に橋下徹氏、5位に福田康夫氏と上位に「旬の政治家」が名を連ねた。

 特に、小泉元総理は344票と2位との差が137票。2位の東国原宮崎県知事は「宮崎をどげんかせんといかん」という発言が昨年の流行語大賞にも選ばれ、宮崎県を全国に発信。その経済効果は1800億円ともいわれている。3位の麻生自民党幹事長(衆議院議員)は次期総理候補として注目度が高い。4位の橋下大阪府知事は府の財政非常事態宣言を行い、自身の給与削減や府施設の見直しなど、積極的に行財政改革に取り組むとともに、道州制を睨んだ「関西州」を機会ある毎に口にするなど、常に話題を提供する格好になっている。5位は言わずと知れた現総理。6位は東京オリンピック誘致など独自の政策を進め、圧倒的なリーダーシップが光る石原慎太郎東京都知事。7位は国会の暴れん坊と称された浜田幸一元衆議院議員、8位に小沢一郎民主党党首、9位に田中真紀子衆議院議員、10位に鈴木宗男衆議院議員がランクインしていた。

 ちなみに、ベスト10入りされている政治家は、さすがに自身の意見をズバッと(福田総理は物静かにですが)語る「論客」ばかりでありました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品