100+

「日本の独立は神話」=オスプレイ飛行容認を批判―沖縄知事

2017年8月12日 19時08分 (2017年8月12日 23時57分 更新)

 沖縄県の翁長雄志知事は12日、那覇市で開かれた名護市辺野古での米軍基地建設に反対する集会で、米軍の輸送機オスプレイの飛行開始を政府が容認したことについて、「米軍が運用上必要と言えばすぐに引き下がる。日本の独立は神話と言わざるを得ない」と批判した。この後、翁長氏は記者団に対し、「残念ながら(日本には)自己決定権がない。大変やるせない」と語った。 

コメント 100+

  • 匿名さん 通報

    日本がソ連や中国に支配され社会主義国になることは右翼だけでなく多くの日本人は反対。ソ連や中国が日本を支配下にするには日米安保が邪魔だった。だから右翼は日米安保を黙認しているし、米国の属国にもやむなし。

    192
  • 匿名さん 通報

    じゃあ沖縄に撒いてる金止めて防衛費を5倍に増やすか?

    87
  • 匿名さん 通報

    基地問題は対米従属の象徴。日本の右翼がなぜ、安保条約廃棄や地位協定改定を話題にしないのか、とても不思議だ。戦前は鬼畜米英といっていたのに、何がアメリカによって守られているだ!

    79
  • 匿名さん 通報

    翁長さんは県民の声を代表した存在。アメリカに対してもきっちり言うことは伝えることをしている。歴代自民党の総理の対米追随とは根本的に異質。政治家たちに彼の爪のアカでも煎じて飲ませたい。

    48
  • 匿名さん 通報

    いつまでもアメリカの飼い犬でいいのか? この男が嫌いでも、そう思わないか?

    37
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品