100+

安倍首相を痛烈批判 15年寵愛のNHK美人記者“反旗”の衝撃

2017年9月9日 15時10分 (2017年9月10日 15時00分 更新)

なにがあったのか?(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

 なにがあったのか――。安倍首相が寵愛してきた美人記者が反旗を翻し臆測を呼んでいる。NHKの岩田明子解説委員が、最新号の文芸春秋に「安倍総理<驕りの証明>」という一文を寄稿しているのだ。

 12ページの長文は、大部分が普通の政治解説だが、随所に痛烈な安倍首相批判がちりばめられている。<なぜここまで凋落してしまったのか。十五年間にわたり安倍首相を取材してきた私には、その原因が安倍首相の「驕り」にあると思えてならない><ジョン・アクトンは「絶対的な権力は絶対に腐敗する」という金言を残した><権力は、時が経つと疲弊し変質する>と、バッサリ切り捨てているのだ。

 岩田解説委員は、8日夕方の「シブ5時」というニュース番組の中でも、「支持率低下の要因は政府の緩みとある種の驕り」「一時的な現象ではなく政府が変質していった結果」と、冷たく言い放っている。

 国民からすればまっとうな“安倍批評”だが、周囲から「御用記者」と揶揄されるほど安倍首相ベッタリだった岩田解説委員が、文芸春秋で<驕り><権力は腐敗する>などと書いたことで、安倍首相周辺に衝撃が走っている。

 岩田解説委員は、わざわざ安倍首相の私邸近くに引っ越すほど、入れ込んできた。15年間、蜜月だった2人の間になにがあったのか。

「文芸春秋の原稿は、岩田さんの方から『書きたい』と急に言ってきたようです。どうやら、アッキーの秘書だった谷査恵子さんに対する対応について苦言を口にしたら、安倍首相にけむたがられ、それ以来、関係がこじれたようです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 100+

  • 匿名さん 通報

    出所はゲンダイ

    24
  • 匿名さん 通報

    北朝鮮と同じ、最高指導者の出席する会議で別荘の電力を人民にと提案した閣僚が粛清された、北朝鮮系宗教が牛耳る安倍政権の実態、籠池氏も安倍に反旗を示すと国家警察が不当逮捕。

    24
  • 匿名さん 通報

    ジャーナリストとしての使命に目覚めたんでしょ。当然のことだと思います。

    23
  • 匿名さん 通報

    期待が裏切られたから復讐、わかりやすいっちゃわかりやすい。官邸も記者もお互い利用できる間利用してるだけ、それ以上期待しちゃダメだね。

    21
  • 匿名さん 通報

    見返りが少なかったんだろうな。多ければ多いで付託だ何だと騒ぎになるし。安倍共産党は富の再配分が下手ですね~

    15
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品