11

小池百合子「都知事辞任⇒衆院選出馬」党内大粛清(1)若狭氏は「腹話術の人形」

2017年10月7日 09時55分 (2017年10月11日 17時30分 更新)

「時代の変革者」か、それとも「目立ちたがりの独裁者」なのか。小池百合子都知事が代表を務める「希望の党」を巡り、永田町が右往左往している。なにしろ、すべての意思決定は小池代表の一存。悲願の総理大臣の座を奪取するためには、側近すら利用しかねない独断ぶりに周囲も戦々恐々なのだ。

「希望の党を立ち上げたい。私がしっかり旗を掲げる」

 9月25日、都庁で緊急会見を開いた小池百合子都知事(65)は、「戦闘服」である緑色のジャケットを着て、駆けつけた約100人の報道陣を見渡すと、自信たっぷりの口調でこう“宣戦布告”した。

 安倍晋三総理(63)の突然の衆議院解散で、後手後手に回っているかのように見えた「小池新党」。ところが、解散予告当日に、安倍総理が記者会見を開くという情報を聞きつけるや、その会見の3時間半前に小池氏みずから代表になるというサプライズ付きの奇襲作戦で、劣勢だった「小池新党」のイメージを一変させることに成功した。その後は、白旗を揚げた民進党が事実上の解党。さらには、小沢一郎共同代表(75)が率いる自由党に、日本維新の会までが連携をにおわせるなど、完全に「反自民勢力」の結集に成功したかに見える。選挙結果しだいでは、念願の「日本初の女性総理の座」も視野に入れているのだ。民進党関係者が語る。

「実は『希望の党』会見の翌夜、都内で民進党の前原誠司代表(55)、民進党最大の支持団体・連合の神津里季生会長(61)と極秘会談を行っています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 11

  • 匿名さん 通報

    小池は衆議院議員選挙には出られ無いでしょう!出ても選挙後には、希望の党も解党的バラバラになります。それだったら都知事のままでいた方がスポットライトを浴びる事ができますからねー(笑)

    4
  • 匿名さん 通報

    若狭、少しは小池に意見しろよ。こんな雑誌にこんなこと書かれて。

    3
  • 匿名さん 通報

    このヒト、上から目線の発言に全てが現れている気がする。人としての基本姿勢。カタカナ言葉が多いのも気持ち悪いしアベも最悪だけど、このヒトになったらもっと良くないことが起こりそう。

    3
  • 匿名さん 通報

    独断がいつまで通用するのか?後から合流してきた前原が大きな顔すれば、若狭は面白くない筈、ヤッパリ烏合の衆!

    2
  • 匿名さん 通報

    最近の若狭、細野、玄葉に小池の顔を見ても精彩が無いなぁー!小池のリセット発言前はもっと勢いのある明るい印象があったように思ったんだがー! 選挙後にはバラバラになるの間違いなし(笑)

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品