6

小池百合子「都知事辞任⇒衆院選出馬」党内大粛清(2)ベテラン議員を重用して…

2017年10月7日 17時55分 (2017年10月11日 18時00分 更新)

 それにしても小池氏の代表就任の効果は絶大だった。最大野党である民進党の「解党」もさることながら、一番の収穫は、懸案だった「選挙資金の問題」を一挙にクリアできたことにほかならない。

「そもそも政党助成金は1月1日の時点で、政党の届出がされていない場合は受け取れない。いわば『希望の党』は丸腰で選挙戦を戦わなければならなかった。ところが、民進党から出馬する予定だった候補者のうち、希望者は『希望の党』の審査を経て公認候補として出馬できるというスキーム(枠組み)を小池氏と前原氏が結ぶことで、100億円とも言われる政党助成金と、連合を中心とする組織票を味方につけたことが大きい」(政治ジャーナリスト)

 保守政党を標榜する「希望の党」にとって、民進党出身の候補者は一歩間違えば、“人材”どころか“人災”になりかねないだけに、慎重な「身体検査」が行われる。

「小池さんが代表就任する前から、細野さんを中心に候補者擁立に向けた民進党議員の“身体検査”を内々に行っています。安全保障など政策が一致できるのか、どの議員がリベラル色が強いのか。合流を希望して、すでに断られた民進党議員もいます」(希望の党関係者)

 さらに、衆院選に向けて準備が進む中、古参メンバーの大粛清も始まりそうだ。

「今後、自由党の小沢氏も合流予定。前原氏も衆院選には無所属で出馬しますが、加わるのは間違いない。大所帯になって小池氏が頼るのは経験豊富なベテラン議員たち。若狭氏だけでなく、細野氏への信頼度は低く、立場は危うくなる」(政治部記者)

 一気呵成に拡大路線をひた走る「希望の党」。その反動から党内粛清もまた過酷になると言われているのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    議員は小池に着いていっても、国民とくに女性は護憲だから小池を受け入れない。保守議員を希望が受け入れても国民が希望を受け入れないのが問題点だな。

    3
  • 匿名さん 通報

    都民フも希望の党も衆議院選挙後には、間違いなく空中分解します。だから、小池は衆議院選挙には出ない。都知事を辞めれば裸のババアになりますから!若狭、細野、玄葉もお子ちゃま扱いです(笑)

    3
  • 匿名さん 通報

    知事業務丸投げで大粛清するなら国民から大顰蹙を買うと思うが。

    3
  • 匿名さん 通報

    ↑ガキのコメント。

    2
  • 匿名さん 通報

    恐ろしい詐欺師。まさに化け物だな。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品