8

寄せ集め「希望の党」 偽装勧誘で有名な宗教幹部まで擁立

2017年10月7日 09時26分 (2017年10月8日 06時00分 更新)

昨年の参院選にも出馬(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

 小池都知事が代表を務める「希望の党」の公認候補のポンコツ感がハンパじゃない。

 セクハラ問題で女性に訴えられた元熊本県議をはじめ、素性や経歴すらまともに分からない候補がゴロゴロ混在しているのだが、問題のある新興宗教の幹部信者まで擁立していた。石川2区から出馬する弁護士の柴田未来氏(46)だ。

 柴田氏が入信しているのは、富山県に本部を置く宗教法人「浄土真宗親鸞会」。1958年に設立された新興宗教団体で、一般的な浄土真宗とは無関係。“財施”と呼ばれる信者からの集金手法などをめぐり「被害者の会」も結成されている。

 宗教ジャーナリストの藤倉善郎氏が言う。

「親鸞会がいかがわしいのは、大学などで『古典を学ぶサークル』などと正体を隠して偽装勧誘を行っていることです。宗教団体が信者を勧誘すること自体に問題はありませんが、団体名を隠す偽装勧誘は典型的なカルト教団の手法です。そのため、親鸞会は全国の大学で問題視されています。柴田氏は幹部組織『特専部』の一員として教団運営に携わってきました」

 実は柴田氏は昨年の参院選に石川選挙区から野党統一候補として出馬し落選している。参院選直前、藤倉氏が柴田氏に直撃すると、親鸞会信者であることを認めたという。ところがその直後、支援者に対しては親鸞会を退会した旨を説明して回ったそうだ。

「私は選挙対策で形式的に退会したと見せかける“偽装脱会”だったのではないかと疑っています。

コメント 8

  • 匿名さん 通報

    いかがわしい候補者が多いのは自民党と共通だな。ニートの杉村元議員やスピード不倫の今井議員、虚偽答弁稲田とか。地道な政治活動をしている候補者が少ないのが共通。

    4
  • 匿名さん 通報

    宗教団体に課税しろよ、戒名1字20万とかほざきやがって

    3
  • 匿名さん 通報

    ↑大嘘つき野郎。

    2
  • 匿名さん 通報

    出自なんてどーでもいい。これまでより、これから何をするか?だよ。そこを間違えてはいけない。結果の政党ではなく、目的の政党。その為の離合集散は歓迎すべきことだ。

    2
  • 匿名さん 通報

    民進党自体が、自民・民社・社会の寄せ集めでした。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品