7

世の中おかしな事だらけ 三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 第240回 希望なき選択

2017年10月7日 17時00分 (2017年10月8日 16時52分 更新)

 安倍晋三内閣総理大臣が秋に開かれる臨時国会冒頭において、衆議院を解散する意向を与党幹部に伝えた。さらに、安倍総理は2019年10月の消費税率引き上げに際し、
 ○1兆円超を教育などの充実策に振り向ける
 ○基礎的財政収支(以下、PB)黒字化目標の先送り
 と、一部のメディアで報じられている。

 消費税率を8%から10%に引き上げてもデフレは深刻化せず、他の税収が減らないという前提に立つと、増収分が5兆円台半ばになる見込みとなっている。政府はそのうち約4兆円を「国の借金」の返済に充て、1兆円分を医療、介護といった社会保障の充実に回す予定であった。
 今回、安倍総理は負債返済分の4兆円のうち、1兆円を教育に回す。結果、PB黒字化目標は先送りせざるを得ない。財政規律の緩みが一段と進む──。という報道が流れているわけだが、もはやどこから突っ込めばよいのか分からなくなってしまう。とはいえ、とりあえずすべてに突っ込んでおこう。

(1)消費税増税分は社会保障充実ではなく負債返済に回されてきた

 そもそも「税と社会保障の一体改革」は、「社会保障の安定化のために消費税増税を」という論法だったはずだ。少なくとも、国民の多くはそう理解していたわけである。ところが、現実には消費税増税分の多くは負債返済に回された。結果、PBの赤字は確かに一時的に縮小したのだが、その分、日本経済にはマイナス成長の圧力がかかり、'16年以降、わが国の経済は再びデフレ化してしまう。

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    まさしく、ポイントを掴んだ記事!なんで、皆が分からないのか?安倍は、只の詐欺師!詐欺師に国は任せられない!増税するなら、最低目的税にしないと、また、勝手に使い道を変える!

    2
  • 匿名さん 通報

    新しい需要も投資!バカじゃないか?

    2
  • ニャニャー 通報

    マスコミは信用ならない!工藤静香がインスタ投稿を行っている意味が分かった。そっちに反論が目的なら、捕まることは無いだろうが、旦那様の足を引っ張らないように注意!

    1
  • 匿名さん 通報

    ↑公約は掛け声だけ。国民受けする公約連発してる政治家は信用しないよ。特に実現不可能な公約はな。

    1
  • 匿名さん 通報

    景気をもう一段引き上げるには金融緩和では限界が見え始め、新しい需要を生み出す追加の財政出動が必要である。その財源が消費税2%分の5兆円なのだ。増税法案は可決されており、その時期は政府に委ねられている。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品