効果抜群!足のかかとケアには万能クリームの「ヴァセリン」

2011年2月21日 18時00分 (2011年2月26日 12時05分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァセリン」は、ワセリン(白色ワセリン)を成分とする化粧品のブランドだ。1859年にアメリカで誕生し、デリケート肌の赤ちゃんから大人まで、どこにでも使用できる万能クリームとして、長年にわたり世界中の人々に愛用されている。(参考:人気商品!冬の乾燥肌には「ザ・ボディショップ」の「ワイルドチェリーボディバター」

Image from ケンコーコム

冬はとかく肌が乾燥するシーズンだ。でも見落としがちなのが足のかかと、ちょっと油断するとカサカサになり、女性ならおろしたてのストッキングが引っかかったりした経験があるだろう。元々かかとは、毛根も皮脂腺もないので乾燥しやすい部分なのだ。しかも、寒さやストレス、冷えによって足の血行が悪くなり、新陳代謝が衰えて古い角質が剥がれ落ちず、ますます角質が厚くなって乾燥したあげくに、ひび割れてしまうのだ。

そんな時のお役立ちグッズが、「ヴァセリン」。お風呂上りに「ヴァセリン」をかかとに塗って、優しくマッサージをしてみよう。そしてもっと効果的な方法は、「ヴァセリン」を塗った後、かかとを中心にサランラップを巻き、その上に靴下を履くことだ。サランラップは10分~30分経ったら外し(もしかゆくなったら直ぐに外しても構わない)、靴下は履いたままで寝る。ワセリンの油分が角質層の水分を閉じ込めて、ほど良い保湿感をキープしてくれる。お風呂上りは、肌に水分がいきわたった状態でもあり、また温まった体の体温でワセリンがやわらかくなっているので、伸びがよく皮膚によく浸透する。かかとの硬くなった部分を、軽石などで無理に削り取ろうとする人を見かけるが、皮膚を傷めるだけなので控えたほうが良い。

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品