0

【美容業界初!】「場所がない。場所がある。」双方がメリットのあるシェアスタイル

2012年6月10日 17時00分 (2012年7月28日 18時13分 更新)
美容業界初となる試み
シェアサロン事業『Re・ンタルーム』が今月11日から始動される。その試みとは、美容サロン側(美容室、エステサロン、ネイルサロン、まつ毛エクステサロンなど)が美容に興味・技術を持った会員様(借主)に設備と場所(席・スペース)を提供するサービスのこと。
借主は主婦の方が多め
簡潔に説明すると、サロン側(貸主)の場合「予約入ってない時間とスペースもったいないなぁ~」「あ!『Re・ンタルーム』に登録して店舗貸主登録を完了させよう」こんな流れでの利用する場合が主だろう。また、急なキャンセルで時間が空いた場合の貸し出しもスームーズにいく場合があるとのこと。登録しておいて損はなさそうだ。

一方借主の方はと言うと。「技術があって今すぐでも独立したいけど、開業資金も今すぐはちょっと・・・」「あ!『Re・ンタルーム』で店舗借主登録をしよう」このように技術はあっても施術する場所がない方にオススメのサービスとなりそうだ。

その他にも、利用者に多く見る、技術を取得している主婦の方の利用や、学生の方の美容の勉強、現在働いているサロンとの掛け持ちなど貸主と借主がマッチすれば好きなように利用してOKとの事。施術の他にも、講演会や、セミナーなどの利用も可能。

事前に店内見学を何件でもすべて無料で行えるのでミスマッチを防げるというのも嬉しい。さらに店舗によっては、いろんな特典(例:美容器具使いたい放題、タオルを無料で何枚でも使用可能など)もあるので施術ごとに店舗を使い分けるなんてことも出来るのだ。

関連記事

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品