23日から東京・丸の内で、英国絵画の巨匠「バーン=ジョーンズ展」

2012年6月22日 22時00分 (2012年7月10日 21時14分 更新)
日本初の個展『バーン=ジョーンズ展』
19世紀後半のイギリス美術を代表する画家・バーン=ジョーンズの日本初となる個展がついに、6月23日(土)から東京・丸の内「三菱一号館美術館」で開かれる。

本展では、彼の代表作「聖ゲオルギウス」「クピドとプシュケ」「ピグマリオン」「ペルセウス」「いばら姫」をはじめ、油彩画、水彩画、素描、貴重書、タペストリなど国内外から集められた選りすぐりの約80点を、聖書・神話・物語のテーマごとに企画展示。

彼の作品の特徴でもある迫力ある緊密な画面構成と、精密な人物描写に目を奪われる。

展覧会をもっと楽しむためのコンテンツもおすすめ!
展覧会の開催を待たずして、『バーン=ジョーンズ展』のホームページ上では、彼の作品を身近に感じられる新コンテンツが登場している。

新コンテンツでは、作品の見どころから解説まで徹底紹介。彼の作品の魅力をより一層感じることができる。(詳しくは下部リンク「新コンテンツ」以下のURLを参照。)

【開催概要】
タイトル:
物語の世界を描いた、英国絵画の巨匠。
『バーン=ジョーンズ展 ー装飾と象徴ー』

開催場所:三菱一号館美術館(東京・丸の内)
     東京都千代田区丸の内2-6-2

開催期間:2012年6月23日(土)~8月19日(日)

休館日:月曜日(8月13日は18時まで開館)

開館時間:木・金・土 10時~20時、火・水・日・祝 10時~18時


編集部 つつみ さえこ

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品