0

【DIMEオリジナル通販】創業百年以上の伝統と技を守り続ける、山藤の『極薄札入れ』『小銭入れ』

2013年10月30日 09時00分 (2013年11月3日 17時10分 更新)

確かな目と高度な技を持ち、様々な革製品を作る職人たち。彼らは日々伝統と革新を目指してものづくりに励み、時にハッとするすばらしい作品を生む。そんな逸品を手がけたのは、百年以上の歴史を持つ東京・御徒町の「山藤」。長い歴史の中で受け継いだ技を駆使し、熟練の職人が、細部にまでこだわって仕上げている。

『極薄札入れ』は30枚の紙幣を入れてもわずか8mmの薄さ。薄く漉いた革にプレス機で張りを出し、形崩れしないよう仕上げている。札とカード2枚を入れる、という潔さは、使ってみるとそれだけで必要十分と思える。スーツの形を崩さないので、日常からパーティーシーンにぴったり。『小銭入れ』は出し入れしやすい箱型仕様。内側と裏面にカードポケットを備え、紙幣や電車系カードも入り、小さいながら万能に使いこなせる。

●極薄札入れ

圧倒的な薄さは服の形を崩さない

札入れの厚さは通常の長財布の半分以下。蓋には重りが内蔵され、勝手に開く心配もない。

●小銭入れ

手のひらサイズでカードも紙幣も入る!

フラップ内には紙幣やカード、背面には電車系ICカードが入るポケットがあり、使い勝手抜群!

創業百年以上の伝統と技を守り続ける老舗メーカー「山藤」
東京・御徒町で創業。手間暇を惜しまない職人によるものづくりを心がけ、特に紳士用革小物製品に定評がある。

[山藤]
イタリアンレザーの極薄札入れ/小銭入れ
極薄札入れ/ブラック・ブラウン 8,800円
小銭入れ/ブラック・ブラウン 6,930円

サイズ:極薄札入れ、縦8.8×横18.8×厚さ0.5cm、58g。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品