0

【ゴン川野のPC Audio Lab】中国製DACの実力は?輸入代行から手に入れたGUSTARD『DAC-X9』

2013年10月31日 12時00分 (2013年11月5日 17時11分 更新)

海外製のDACが欲しい。最も簡単な方法は日本で売られている製品を購入することだが、未発売だったらどうするか。Amazon.com、またはeBayで探して日本への発送対応なら、クレジットカードかPaypalで決済して送ってもらえばよい。それではどちらにも売っていない中国製のDACが欲しい時はどうすればいいか。アジア最大のショッピングサイト淘宝網(タオバオワン)で探せばいいのだ。ただし、支払方法が特殊で、個人で購入するのはなかなか困難である。

そこで、注目したいのが輸入代行会社である。手数料は購入商品の10%が多い。輸入送料はEMS料金の50%OFFというところが多いようだ。タオバオで欲しい製品を見つけたら、入力フォームで買い付けを依頼、代行会社が在庫確認と発注をおこない、こちらは代金を振り込む。買い付けがおこなわれ、中国事務所に製品が到着、検品後に日本へ向けて発送準備。送料を振り込むと日本へ発送される。関税や消費税が発生した場合は、製品到着時に配達業者が代行で徴収するため現金で支払うことになる。輸入代行会社は沢山あり、「タオバオ通信」などの比較サイトまである。注意したいのはPaypalで決済すると手数料がかかること、業者によって1元のレートが違うことだ。簡易検品、EMS追跡番号通知などのサービスがあればさらに安心だ。今回利用したのは、なぜか代行手数料が無料の「タオバオ便」である。購入の方法や店の選び方まで詳しく説明されているので、初心者でも安心して注文できるだろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品