0

【レビューウォッチ】上越新幹線で日帰りスキー 上越は湯沢に広がるゲレンデに注目!

2014年11月28日 11時30分 (2014年11月29日 11時04分 更新)

GALA湯沢スキー場ホームページより

[拡大写真]

クリスマスや年の瀬が近づいてきて日ごとに寒さが増し、雪の便りが盛んになると、スキーシーズンの幕開けとなる。関東圏では、新幹線で身軽に行けて手軽に楽しめるとして、新潟県湯沢町のスキー場は冬のリゾート地として人気が高いが、シーズン本格化を前に、利用者らのレビューをみてどんなところか確認しておこう。

多彩なニーズに対応

上越新幹線の「ガーラ湯沢」。「世界唯一の駅直結」のスキー場として知られ、毎年多くの客でにぎわいをみせるが、同駅が東京駅から1時間少々ということもあり、周辺のスキー場も含め新潟県の「湯沢」地域は日帰り圏のリゾートにもなっている。いくつかのスキー場について、スキー場情報サイト「SURF&SNOW」のレビューを参考に"評判"を比べてみる。

【1】駅直結ゲレンデ! ガーラ湯沢スキー場

特長は何と言ってもアクセスの良さだ。

新幹線とゲレンデが直結した世界で唯一のスキー場をうたう。

「東京から新幹線で日帰りで利用しました。ゲレンデが駅から直通でとても便利でした」

交通の面からは「立地条件が言うことなし」ということだ。

ただしその反面、アクセスが良いことから人気をよんでいるため「日曜日に行きましたが、混んでました!」という報告もちらほらと。

「当日は天気も良く、かなり混んでいたが、南に行くと別世界! リフトはすいているし、不整地急斜面が多く、かなり楽しめました」
「南エリアに移動 連絡通路のアクセスは悪かったですが、南エリアには人も少なく新雪を堪能できました」

などという報告もあるため、その日の空いているエリアを見分けながら楽しむと良いだろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品