0

土壌汚染問題の影響は?築地・豊洲周辺のマンション相場価格

2016年11月12日 10時00分 (2016年11月13日 11時11分 更新)

盛り土に地下空間と、さまざまな問題が噴出する築地市場の豊洲移転問題。マンションマーケットは、運営するマンション相場情報サイト「マンションマーケット」のデータを基に、移転計画の狭間で揺れる「築地」と「豊洲」の相場価格を調査した。

■再開発後の豊洲は相場が上昇、築地の平米単価との差を約10万円縮める

グラフをみると、一見築地と豊洲が同じような価格の動きをしているように見える。しかし、2015年12月の時点で豊洲の平均平米単価は49万5231万円。一方の築地の平均平米単価は65万509円と、約15万円もの差がある。もともと人気のエリアの築地に比べ、豊洲は造船所の跡地が多くを占めていた。しかし、2001年に築地移転が決定したのと同時期に策定された、「豊洲1~3丁目地区まちづくり方針」を皮切りに、再開発が進んでいる。

再開発に伴い、2004年頃から高層マンションの建設が進む。その影響で2006年から2007年にかけ豊洲の相場が上昇し、築地の相場価格に大きく近づいていることがグラフからも読み取れる。2007年の時点で、築地の平均平米単価は62万4299円に対し、豊洲は57万8186円と約5万円の差にまで、価格を押し上げている。2007~2008年頃、マンションの価格が高騰したタイミングも重なり、しばらく価格の上昇が続く。

■リーマンショックで相場が低迷するも、2013年からは上昇を続ける

しかし2008年に起きたリーマンショックの影響により、2010年を境に価格が下落している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品