0

発売開始から半世紀!ホンダの原付レジャーバイク『モンキー』のアニバーサリーモデル発売

2017年3月10日 22時45分 (2017年3月11日 18時10分 更新)

Hondaは、原付50ccの人気レジャーモデル「モンキー」の発売50周年を記念し、1967年に発売された初代モデル『モンキーZ50M』のカラーリングイメージを復刻。記念モデルにふさわしい専用の立体エンブレムやメインキーを採用した『モンキー・50周年アニバーサリー』を発売した。価格は35万2080円(税込み)。

初代モデル『モンキーZ50M』のカラーリングイメージを踏襲した『モンキー・50周年アニバーサリー』は、燃料タンク側面やサイドカバーを主体色のパールサンビームホワイトに、フロントやリアのフェンダーはシャスタホワイトに設定。フレームやフロントフォーク、スイングアームなどのほか、ヘッドライトケースや燃料タンク上面のストライプをマグナレッドとするとともに、シートには初代モデルを模したおしゃれなチェック柄シートを採用した。

また、発売50周年を記念して、燃料タンク側面に復刻デザインのウイングマークバッジを、上面には記念ステッカーを配置。さらに、サイドカバーに50周年記念エンブレムを、シート後部に50周年記念ロゴを、メインキーに50周年記念マークを施すことで、スペシャルな所有感を満たすモデルとなっている。

モンキーは1961年に東京都日野市にオープンした遊園地、「多摩テック」の乗り物として製作された『モンキーZ100』に端を発している。このモデルは子どもたちに「操る楽しさ」を提供することで好評を博し、やがて海外の各種ショーで展示されるなど、世界各地で注目を集めた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品