0

ソフトバンクが多彩な会話を楽しめる英語学習用AI搭載ロボット『Musio X』を発売

2017年3月19日 21時20分 (2017年3月20日 11時10分 更新)

ソフトバンク コマース&サービスは、アメリカ・AKA社の英語学習用AI人工知能)搭載ロボット『Musio X(ミュージオ エックス)』を4月14日より販売すると発表。それに伴い、SoftBank SELECTION オンラインショップおよび一部家電量販店で予約受付が開始された。本体価格は9万8000円(税別)。『Musio X』教材セットは12万8,000円(税別)。

『Musio X』は、英語学習のためのさまざまな機能を搭載したソーシャルコミュニケーションロボットだ。会話モードでは、インターネットからデータを検索。話しかけた内容に対して最も適切な答えを判断することで、ユーザーと様々な会話をすることが可能になった。ディープラーニング基盤の自然言語処理技術によって、事前にプログラミングされていない文章の新規作成にも対応する。

また、『Musio X 教材セット』では、教材を使用して目的やレベルに合わせて英語を学ぶことができる。フラッシュカードでアルファベットや単語の発音、ボードブックでクイズゲーム形式のヒアリング、さらに学研プラスと共同制作したテキストでより本格的な英語学習など、幅広い利用が可能だ。さらに専用スキャナー「Sophy」を使って専用教材の読み取りができるほか、正しい発音も学べる。さらにスマホアプリ『Musio』(iOS 8.0以上またはAndroid 4.3以上)と連携することで、設定や学習状況が簡単に確認できる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品