0

スズキが3段階のトラクションコントロールを搭載した新型『GSX-S750 ABS』を発売

2017年3月21日 23時30分 (2017年3月22日 11時10分 更新)

スズキはストリートスポーツバイクのGSX-Sシリーズに750ccの新型モデル『GSX-S750 ABS』を追加。3月30日より発売を開始する。価格は89万8000円(税別)。

 
グラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL)

『GSX-S750 ABS』の特徴として、まずエンジンに一般公道での扱いやすさを追求した高出力(最高出力83kW/10,500rpm、最大トルク80Nm/9,000rpm)の749cm3直列4気筒エンジンを搭載。『GSX-R750』ゆずりの高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現した。また、発進時や低回転走行時にエンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用。発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上させている。

そして3段階から選択可能なトラクションコントロールは、前後輪の速度、スロットルポジション、クランクポジション、ギヤポジションの各センサーの情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減。エンジン出力をより効率よく路面に伝達することが可能となり、より快適なライディングを楽しめる。さらに前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSも標準装備した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品