0

今年の桜の開花予想 東京は平年より1日遅い3月27日に

2017年3月21日 11時05分 (2017年3月22日 13時50分 更新)

 さあ、もうすぐ桜の季節だ。今から、花見を待ち遠しく思っている人が少なくないだろう。そんな中、島津ビジネスシステムズ(京都市)が運営する気象情報Webサイト「お天気☆JAPAN」上で、全国の桜の名所や県庁所在地など計137か所を対象とした桜の開花・満開予想の確定版を発表した。

 また、今年は新たに、京都の桜の名所のお花見をVR(バーチャルリアリティ)体験できる「京都お花見VR」を3月6日から「お天気☆JAPAN」上で公開。京都の桜の名所である祇園白川、蹴上インクライン、賀茂川半木の道の3か所でのお花見をVR体験できる。

 さて、今シーズンの開花予想だが、西日本で平年並みか平年よりもやや早め、東日本や北日本では平年並みの開花となる地域が多いと予想している。連休明けの3月21日に鹿児島、宮崎、熊本で開花、22日には九州北部や四国でも“開花の便り”が届きそう。また、東京は3月27日(平年より1日遅い)、名古屋が3月28日(平年より2日遅い)、大阪が3月25日(平年より3日早い)、京都が3月27日(平年より1日早い)と予想している。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品