0

基礎から解説! 自動車保険「会社と補償」の選び方

2017年7月17日 09時50分 (2017年7月17日 21時10分 更新)

自動車保険を選ぶ際、保険会社や補償をどのように決めればいいのか?

[拡大写真]

 自動車保険を選ぶとき、保険会社や補償をどのように決めればいいのか迷ったことはないだろうか。情報がまん延する現代だからこそ、改めて自動車保険の基礎を知っておこう。自動車保険の保険会社を選ぶポイントや、必要な補償を選択する手順を基礎から解説する。

■自動車保険の保険会社の選び方とは

 自動車保険の保険会社には、「代理店型」と「通販型(ダイレクト型)」がある。代理店型は、担当者と対面式で加入する安心感があり、自分で補償を組み立てる手間が省ける。一方の通販型は、自分で補償を決められるのが良い点だ。そのためコスト面で優れている。双方のメリット、デメリットを比較して選ぶことが重要だ。

 また、保険会社は補償とサービス内容を確認して選びたい。通販型はリスクの細分化を図ることで保険料の節約のための独自のサービスを提供している。また、代理店においても各社の強みを打ち出している。

■自分に必要な補償とライフスタイルに応じた特約を

 自動車保険の補償は、「基本補償(対人・対物)+特約」という公式で考えよう。基本として「対人賠償保険」というのは、交通事故で歩行者や自転車、被害者にケガを負わせたり、死亡させたとき、賠償金や慰謝料等を支払う保険のことだ。自賠責保険の限度額を超える損害賠償額に対して保険金が支払われるため重要な補償となる。また、「対物賠償保険」とは、交通事故で相手の車や電柱、壁、家屋・店舗などを壊し、損害賠償責任を負った場合を補償する保険だ。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品