0

「日本ゲーム大賞2017」大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、経済産業大臣賞には『ポケモンGO』プロジェクトチームが選出

2017年9月22日 10時59分 (2017年9月22日 15時40分 更新)
国内最大のゲームの展示会「東京ゲームショウ2017」(会期:9月21日~24日、21・22日はビジネスデイ)が21日、開幕した。初日のメインステージでは、「日本ゲーム大賞2017」の大賞を発表。今年度は任天堂の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が選ばれた。

「日本ゲーム大賞2017」は、2016年4月1日から2017年3月31日の期間に日本国内でリリースされた家庭用ゲーム機やパソコン対応ソフトなど、コンピュータエンターテインメントを対象に、一般投票および日本ゲーム大賞選考委員で審査を実施。年間を代表するにふさわしい作品を表彰する「年間作品部門」各賞、日本を代表するトップクリエイターがプロの視点で選ぶ「ゲームデザイナーズ大賞」、ゲーム産業の発展に寄与した人物、団体に贈られる「経済産業大臣賞」が選出される。

司会は今年で6度目となるタレントの伊集院光前田美咲が担当。大賞には任天堂より2017年3月3日に発売されたWii U/NintendoSwitch用アクションアドベンチャーゲーム『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が選出された。そして、「経済産業大臣賞」は、『ポケモンGO』プロジェクトチームが獲得。世界中を熱狂の渦に巻き込み、配信開始からわずか約2か月で5億ダウンロードを達成、子どもから大人まで幅広いユーザーが町中に溢れるなど、日本でも社会現象に。AR技術を活用し、現実世界と融合させた新たなゲームの楽しみ方を提示し、さらにゲームを通して地域活性化、被災地復興への貢献など、ゲームコンテンツの新たな可能性、優位性を示した点が評価されての受賞となった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品