0

Facebook日本法人 中小企業の広告サポート強化

2017年9月30日 07時44分 (2017年10月19日 16時30分 更新)

 フェイスブックジャパンの井上英樹執行役員は9月14日の業績説明会にて、「グローバルで言うと、Facebook広告主の伸び代は中小企業が大きい」と述べ、中小企業のサポート強化に力を入れることを明らかにした。


 同社によれば、現在日本国内の中小企業の割合は全体の99.7%とされており、労働者の約7割は中小企業に属しているとのこと。中小企業は、人材不足やグローバル社会に対応するためのノウハウや資金不足といった様々な問題を抱えているなかで、井上氏は「日本市場の活性化には中小企業を活性化させることが重要」だと述べ、今回のサポート強化へと踏み切った形だ。


 具体的には、Facebook広告やInstagram広告の広告料は比較的安価だとされており、国内外のユーザーにアピールが出来ることや、広告を介したマーケティングについて学べるオンラインプログラム『Facebook blueprint』の実施、広告代理店紹介を専門とするサイト『Facebook agency director』を活用して、クライアントのグローバルな展開や企業のコマーシャル展開のサポートをする。
 
 実際にFacebook広告を活用した会社の中には、従来の広告と比較して10分の1までにコストを抑えられた他、地域のコミュニティーが活性化したという効果もみられたという。
 
 同社の長谷川晋社長は「コミュニティーづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を実現することが、これからの10年を見据えた新しいミッション」と話した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品