0

『はいからさんが通る』、宮野真守×柚香光! ダブル少尉インタビュー公開

2017年10月7日 10時00分 (2017年10月7日 20時20分 更新)
劇場版アニメーション『はいからさんが通る』で伊集院忍(少尉)役を演じる宮野真守と宝塚歌劇花組公演ミュージカル浪漫『はいからさんが通る』で伊集院忍(少尉)役を演じる柚香光のダブルインタビューが公開された。

――「はいからさんが通る」原作について

柚香光 タイトルを聞いたことはあったのですが、実際に原作を読ませていただいたのはお話しを頂いた後でした。読んでみるとすごく面白くて、読み始めると一気に読んでしまい、読み終わった後もすぐに読み返してしまいました(笑)。

――柚香さんは少尉を演じるにあたり、少尉というキャラクターの魅力をどのように考えていますか?

柚香 女の子が、こんな人に出逢えたら良いなと思う男性像、王子様像ですよね。少し自分がお転婆してしまったとしても、笑って、全くしょうがないなと言って受け止めてくれる、少尉には女性の夢が詰まっています。

宮野真守 あまり使わない「完璧」という言葉を使ってしまいたくなるような(笑)。完璧なんですよね。

――宮野さんは実際に前編のアフレコを終えられてみていかがでしたか?

宮野 少尉の完璧さは作品の魅力にも繋がっているし、けれどそういった中で、ある意味少尉の「完璧」でないところ、周りからは完璧に見えるけれど少尉も一人の人間だというところを、リアリティのある人間として紐解きながら演じたつもりなので、楽しかったです。完璧な人間がこんなに悲しい想いをして、こんなに辛い経験をしていて、だからこういう人になったんだという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品