0

『ガールズ&パンツァー 最終章』とコラボしたマスターカードが登場

2017年10月13日 19時40分 (2017年10月14日 07時30分 更新)
三井住友カードは、 バンダイビジュアルが展開するアニメ「ガールズ&パンツァー」の最新作『ガールズ&パンツァー 最終章』とコラボレーションしたクレジットカード「ガールズ&パンツァー マスターカード」の発行を、2017年10月13日(金)より開始した。なお、本カードの製造・発行と作品のライセンス管理は 凸版印刷が行う。

「ガールズ&パンツァー」は、 華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとして、戦車を使って戦う武道「戦車道」が認知されている世界を舞台に、戦車道の全国大会で優勝を目指す女子高生たちの奮闘を描く学園アニメ。2012年より全12話でTV放送が行われた後、2014年にOVA『これが本当のアンツィオ戦です!』を劇場上映。その翌年に「ガールズ&パンツァー 劇場版』を公開後、記録的なロングランで興業収入25億円を突破し、2017年12月9日(土)より、『ガールズ&パンツァー 最終章』の第1話が劇場上映される。

そして今回、この「ガールズ&パンツァー」の舞台であり、多数のファンが訪れる茨城県大洗町の大洗町商工会と連携し、地域活性化に向けた取り組みが行われる。

具体的には、凸版印刷の協力のもと、大洗町で開催される「第21回大洗あんこう祭」に合わせ、2017年11月18日(土)と19日(日)の2日間で、本カードの所有者および特設ブースにて新規にカードに入会した人を対象とした「ガールズ&パンツァー スタンプラリー」を開催。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品