世界びっくりニュース アクセスランキング

  1. 1
    【緊急警告】2月27日までに茨城・福島・千葉で大地震が起きる!! 熊本地震を予知した有名学者が断言!

    【緊急警告】2月27日までに茨城・福島・千葉で大地震が起きる!! 熊本地震を予知した有名学者が断言!

    2月19日夜、千葉県東方沖を震源とするM5.4、最大震度4の地震が発生した。実は、この地震を予測していた機関がある。それは、電気通信大学名誉教授の早川正士氏を所長とする「地震解析ラボ」だ。同機関が運営...

    提供元:TOCANA 2017/02/24 公開
  2. 2
    no Image

    【緊急】2月24日~3月8日にメガ地震(M9)が発生か! 的中しまくる「フッガービーツの予言」再び

    今月22日、日本人28人を含む185人が死亡したニュージーランド地震から6年が経った。被災地のクライストチャーチでは、このほど犠牲者を偲ぶ慰霊碑が完成し、日本人の遺族らも追悼式典に参加した。完璧な地震...

    提供元:TOCANA 2017/02/25 公開
  3. 3
    おかんたち絶叫!中学生の宿題のプリントに詳細にかかれた驚くべき内容とは?(アメリカ)

    おかんたち絶叫!中学生の宿題のプリントに詳細にかかれた驚くべき内容とは?(アメリカ)

    世の中には学生のためにあれこれ工夫する教師がいる一方で、保護者の血圧を一気に危険なレベルに上げてしまう教師もいるようだ。今回ネットで話題となっていたのはアメリカのミドルスクール(11歳~14歳が通う学...

    提供元:カラパイア 2017/02/25 公開
  4. 4
    張成沢氏は処刑前に恐怖で気絶していた...? 世界の怖すぎる刑罰を危機管理コンサルタントが語る!

    張成沢氏は処刑前に恐怖で気絶していた...? 世界の怖すぎる刑罰を危機管理コンサルタントが語る!

    東南アジアや南米で危機管理コンサルタントに従事し、さまざまな拷問を目の当たりにしてきたA氏に、世界の刑罰について聞いた。「刑罰には、国家や民族の宗教的、民族的、あるいは政治的な体質が如実に反映されるん...

    提供元:TOCANA 2015/01/13 公開
  5. 5
    【トラピスト1】「地球外生命体を発見しても、接触は試みるな」ホーキング博士らが“人類滅亡・侵略”を危惧

    【トラピスト1】「地球外生命体を発見しても、接触は試みるな」ホーキング博士らが“人類滅亡・侵略”を危惧

    NASA(アメリカ航空宇宙局)が日本時間23日の午前3時より緊急記者会見を開き、恒星「TRAPPIST-1(トラピスト1)」の系外惑星群に生命が居住可能な「ハビタブル惑星」が3つあることを発表した。そ...

    提供元:TOCANA 2017/02/25 公開
  6. 6
    【ガチ】失われた8番目の大陸“ジーランディア”が発見される! 数兆円レベルの化石燃料も!?

    【ガチ】失われた8番目の大陸“ジーランディア”が発見される! 数兆円レベルの化石燃料も!?

    オーストラリア東部、ニュージーランドが位置する周辺海域に、「ジーランディア(Zealandia)」と呼ばれる、8番目の大陸が存在していることが科学的に認定されそうだという。■“浮上”した8番目の大陸「...

    提供元:TOCANA 2017/02/25 公開
  7. 7
    2017年3月4日前後に、世界のどこかでマグニチュード8以上の地震が起きると主張するオランダの地震神秘主義者

    2017年3月4日前後に、世界のどこかでマグニチュード8以上の地震が起きると主張するオランダの地震神秘主義者

    ある自称地震予測の専門家が、3月4日前後にマグニチュード8以上の地震が発生すると警鐘を鳴らしている。ネットで警告を出すのは、地震神秘主義者のフランク・フッガービーツ氏だ。オランダ人の彼は、惑星の整列と...

    提供元:カラパイア 2017/02/24 公開
  8. 8
    同じ部屋でまた自殺…! 大島てるが語る「これまでで最悪の事故物件」

    同じ部屋でまた自殺…! 大島てるが語る「これまでで最悪の事故物件」

    事故物件サイト「大島てる」の管理人大島てる氏に、今まで語ったことのない「最悪の事故物件」について話を聞くことができた。――ところで、実際に事故物件現場などで、大島てるさんは心霊体験をされたことはありま...

    提供元:TOCANA 2016/04/12 公開
  9. 9
    ホラーは死後におきていた。検視官や監察医が体験した不気味な10の出来事(閲覧注意)

    ホラーは死後におきていた。検視官や監察医が体験した不気味な10の出来事(閲覧注意)

    日々、死と向き合って仕事をするには、強靭な胃が必要だろう。しかし、どんなに熟練した経験豊富な検視官や法医学者、監察医でも、仕事中に背筋が凍る思いをすることがときどきあるという。解剖、エンバーミング、犯...

    提供元:カラパイア 2017/02/24 公開
  10. 10
    「おぉん?勝手に入ってくんなし!」リスが泥棒に体アタックル、見事撃退、無事逮捕(アメリカ)

    「おぉん?勝手に入ってくんなし!」リスが泥棒に体アタックル、見事撃退、無事逮捕(アメリカ)

    飼い主の窮地や犯罪に気づき、身をていしながら目覚ましい活躍をしてくれるお手柄ペットたち。ここにまたもう一つ、小さなペットの武勇伝が加わった。今年2月アメリカにて、留守宅に侵入した泥棒がペットに攻撃され...

    提供元:カラパイア 2017/02/25 公開
  11. 11

    世界一“当たる”予言者、クレイグ・ハミルトン・パーカーが見た「2017年の日本」とは?

    提供元:TOCANA 2017/01/02 公開
  12. 12

    「練炭自殺は楽に死ねる」はウソだった! 一酸化炭素中毒死の恐怖とメカニズムを徹底解説!

    提供元:TOCANA 2016/01/08 公開
  13. 13

    北朝鮮スパイ教育のために作られた 「巨大・地下日本」! 訓練された工作員が日本にやって来る!?

    提供元:TOCANA 2015/10/16 公開
  14. 14

    支払っている人は大損!? 意外と知らないNHK受信料の仕組みとは!?

    提供元:TOCANA 2015/03/29 公開
  15. 15

    目をえぐり取るパワハラも...! 世界の"スーパーブラック企業"トップ5が地獄過ぎる!

    提供元:TOCANA 2015/12/12 公開
  16. 16

    【内閣府職員ゴムボート変死事件】北朝鮮のスパイだった!? 不可解な行動と謎の死、その真相は?

    提供元:TOCANA 2014/02/21 公開
  17. 17

    【統計学】失敗を未然に回避するヒヤリ・ハットの法則! 魔法の比率「1:29:300」

    提供元:TOCANA 2014/08/20 公開
  18. 18

    【緊急】放射性物質「ヨウ素131」が欧州全域で謎の急増中! 専門家「出所も原因も不明」米露に怪しい動きも

    提供元:TOCANA 2017/02/23 公開
  19. 19

    【金正男暗殺】VXガス使用疑惑で再浮上する「オウム真理教、北朝鮮、CIAと人体実験」の黒い繋がりとは?

    提供元:TOCANA 2017/02/21 公開
  20. 20

    そんならうちらが一番乗りや。アラブ首長国連合が火星での都市建設に名乗りをあげた

    提供元:カラパイア 2017/02/25 公開