0

北海道初!北星学園女子中学高等学校が反転授業を開始

2013年12月3日 11時42分 (2013年12月3日 18時05分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
~従来の授業内容は自宅で、学校は個人の理解度に合わせた応用問題や協働学習の場に~“教育のゲーミフィケーション”を具現化!オンライン学習教材「すらら」


“教育のゲーミフィケーション”を具現化!オンライン学習教材「すらら」
北海道初!北星学園女子中学高等学校が反転授業を開始
~従来の授業内容は自宅で、学校は個人の理解度に合わせた応用問題や協働学習の場に~

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)は、オンライン学習教材「すらら」の提供、運用コンサルティングを行なっています。

この度、オンライン学習教材「すらら」を導入いただいている、北星学園女子中学高等学校(所在地:北海道札幌市中央区、校長:浅里愼也)が、北海道内の私立学校では初となる反転授業を12月10日より開始します。

北星学園女子中学高等学校の反転授業は下記形態で、中学3年生の1クラスで実施します。
1.家庭(または放課後の情報室)で、オンライン学習教材「すらら」を利用し、教科書を予習
2.授業の始めに、予習時の疑問点を確認、追加説明を行う
3.授業内で、通常宿題等で行っている問題や応用問題への取組みや、グループ討議・発表といった学び合いを実施

【北星学園女子中学高等学校による反転授業開始の経緯に関するコメント】
本校では、進路目的別にクラス編成をしていますが、その中でも目的に差が大きくあり、もっと多くを学びたい生徒がいる中での、一斉授業の難易度設定が難しくなってきていました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品