0

2017年2月1日、『アロフト・ソウル明洞』が開業

2017年3月21日 12時20分
~次世代のグローバルトラベラーに向けた、最先端のデザインとテクノロジーを備えたホテルがソウル・明洞に登場~

今日のホスピタリティ業界を牽引するマリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、社長兼最高経営責任者:アーン・ソレンセン)は、本年2月1日、韓国、ソウルにて、「アロフト・ソウル明洞」をオープンいたしました。洗練されたネット世代のグローバルトラベラーのお客様に適した、デザインやテクノロジー志向でエネルギッシュな社交の場を提供するアロフトブランドが、韓国随一のショッピング街であり観光の中心でもある明洞に誕生しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11305/21/resize/d11305-21-342121-0.jpg ]

「アロフト・ソウル明洞は、ライブ演奏、デザイン、テクノロジーに重点を置いており、そのエネルギッシュな雰囲気と現代的なデザインが、ソウルのホスピタリティシーンを更に活気づけることを期待しています。新規ホテルのオープンは、アジア太平洋地域でのアロフトのさらなる成長を強化することにもなるでしょう」 (マリオット・インターナショナル アジア太平洋地区 プレミアムセレクトブランド管理部門 ヴァイス・プレジデント マイク・フーカーソンのコメント)

223室の客室を擁し、ライムストーンの外壁が美しいアロフト・ソウル明洞は、明洞の活気あふれる商業エリアにそびえ立ち、並び立つ百貨店やショッピングセンター、レストラン、高級ブティックに囲まれています。ロフトタイプにヒントを得た設計の客室は、天井までおよそ3mもある広々としたスペースに、快適なプラットフォームベッド、ウォークインレインフォレストシャワー、43”LCDテレビを備え、館内すべてで無料の高速インターネット接続のご利用が可能となっています。

お食事には、毎朝作りたてをお楽しみいただけるビュッフェレストラ「ヌーク」(24時間営業)と、ヘルシーな軽食やスナックを取り揃え、お持ち帰りも可能な「Re:fuel By Aloft」(24時間営業)をご利用いただけます。また、ショッピング、観光、ミーティングなどで多忙な一日の終わりには、アロフト自慢の「W Xyz」バーでライブ演奏を聴きながら、くつろいだひとときをお楽しみください。その他、充実した設備を誇るフィットネスジム「Re:charge」は年中無休で終日ご利用いただけます。

会議やイベント用として、最新のAV機器やLEDテレビ、無料WiFiを備えた総面積339m2 の多目的スペースがございます。スペースを2つに仕切ることもできるミーティングスペース「Tactic」、バンケットルーム「The Balios」では、ビジネスや大切なイベントの成功へつながるサポートを提供します。

ホテルは4つの地下鉄の駅からいずれも400~600mの場所に位置し、その内の一つ、龍山区のソウル駅から仁川国際空港までは空港鉄道A’REX直通列車で43分と、利便性の高いアクセスが自慢です。

「お客様には、アロフト・ソウル明洞のすべてをお楽しみいただきたいと願っております。活気あふれる街並みの眺め、ソウルの美しい食事、快適なご宿泊に、最先端のデザイン、音楽、テクノロジーがそろう当ホテルならではのエネルギッシュな雰囲気は、ビジネス、レジャーの両方で、ご満足いただける環境をご用意しています」(アロフト・ソウル明洞 総支配人ジェイソン・キムのコメント)

グランドオープンを記念して、アロフト・ソウル明洞では、フレッシュジュースのウェルカムドリンク付いた1室1泊135,000韓国ウオン(約13,300円)からの特別パックをご用意いたしました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/11305/21/resize/d11305-21-820077-1.jpg ]


詳細およびご予約についてはwww.aloftseoulmyeongdong.comをご覧ください。

アロフトホテルについて:
19カ国に100軒以上のホテルを展開しているアロフトは、従来のホテルブランドとは一線を画すアプローチをテーマにしています。デザインでの差別化を図り、常時ネット接続をonにしている次世代のお客様にぴったりの、テクノロジー志向で活気ある、現代的なホテルライフをご提供します。アロフトは、受賞歴もあるロイヤルティプログラム「スターウッドプリファードゲスト(SPG)」参加ブランドでもあります。SPG会員の方は、マリオット リワードやリッツ・カールトン・リワードとアカウントをリンクでき、エリートステータスのマッチングや無制限のポイント移行が可能です。詳細は www.alofthotels.comをご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

リリース詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000011305.html

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品