0

リチウムイオン二次電池 セパレーター、特許総合力トップ3は東レ、LG CHEM(韓国)、住友化学

株式会社パテント・リザルト 2017年4月19日 11時00分
株式会社パテント・リザルトは2017年2月末までに日本の特許庁に出願された「リチウムイオン二次電池用セパレーター」関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2017年2月末までに日本の特許庁に出願された「リチウムイオン二次電池用セパレーター」関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、2017年4月19日にレポートの販売を開始しました。

本レポートは、2010年9月15日にリリースした内容に、新たに出願・公開されたデータを加え再調査した結果となります。

その結果、「総合力ランキング」では、1位東レ、2位LG CHEM、3位住友化学となりました。

総合力1位の東レは、特に東レバッテリーセパレーターフィルム(以下東レBSF)名義の有効特許のうち、4分の1近くが総合力3位であるLG CHEMとの共同保有となっています。これらの特許はLG CHEMが単独で出願し、2015年10月に権利持分の50%が東レBSFに譲渡され、両社の共同保有となりました。両社については、2015年9月に東レBSFがLG CHEMの工場を買収という報道があり、この工場買収に合わせ、特許の権利についても持分譲渡があったものと考えられます。このことから、東レBSF、ひいては東レの総合力の高さはLG CHEMの寄与が大きいと言えます。東レの注目度が高い特許もLG CHEMとの共同保有で、熱収縮や短絡を抑制するためのコーティング技術に関する特許が挙げられます。

総合力2位には住友化学が入っており、2010年の8位から順位を上げました。同社の注目度が高い特許として、セパレーターの空隙率に関する特許が挙げられます。

総合力4位の旭化成は、子会社であるCELGARDを合算すると、総合力の順位が2位となります。旭化成名義で注目度が高い特許として、膜厚、応力、強度といった物性値を規定したもの、CELGARD名義で注目度が高い特許として、セパレーター作成工程に関する特許が挙げられます。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「リチウムイオン二次電池 セパレーター」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2017/04/lisep.html


<<特許・技術調査レポートについて>>
http://www.patentresult.co.jp/report/index.html


<<特許分析セミナー情報>>
http://www.patentresult.co.jp/seminar/


<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5835-5644、Fax:03-5835-5699
ホームページURL:http://www.patentresult.co.jp/


<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル4 階

リリース詳細:http://www.dreamnews.jp/press/0000151035/

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品