0

ソニー、ブルーレイディスクレコーダー全5機種を発売

2017年5月31日 13時30分
TOKYO, May 31, 2017 - (JCN Newswire) - ソニーは、新たに内蔵ハードディスクが3TBのモデルも追加した、ブルーレイディスク(TM)レコーダー全5機種を発売します。

本機ではソニーのデジタルビデオカメラ 4Kハンディカム(R)で撮影した動画の取りこみが可能になり、4K解像度で視聴をお楽しみいただけます。また、新たに「SeeQVault(TM)」※1※2に対応。レコーダーに接続したSeeQVault対応の外付けハードディスクを、本体内蔵ハードディスクだけでは保存容量をオーバーしてしまう場合の容量拡張と、買い替えの際の元々使用していたレコーダーのデータ移行という、バックアップの2つの役割に活用できます。

型名: 『BDZ-ZT3500』
デジタルハイビジョンチューナー: 3
内蔵ハードディスク: 3TB
発売日: 7月8日
価格: オープン価格

型名: 『BDZ-ZT2500』
デジタルハイビジョンチューナー: 3
内蔵ハードディスク: 2TB
発売日: 7月8日
価格: オープン価格

型名: 『BDZ-ZT1500』
デジタルハイビジョンチューナー: 3
内蔵ハードディスク: 1TB
発売日: 7月8日
価格: オープン価格

型名: 『BDZ-ZW1500』
デジタルハイビジョンチューナー: 2
内蔵ハードディスク: 1TB
発売日: 6月24日
価格: オープン価格

型名: 『BDZ-ZW550』
デジタルハイビジョンチューナー: 2
内蔵ハードディスク: 500GB
発売日: 6月24日
価格: オープン価格

主な特長

1.4Kハンディカムとの連携強化

1)4Kハンディカムで撮影した動画の取りこみが可能になり、4K解像度での視聴をお楽しみいただけます。本機に取りこんだ4K動画は、録画番組と同じ画面内で、分かりやすくジャンル分けされているため、スムーズに視聴することができます。また、取りこんだ動画を視聴するまでのシンプルな操作に加え、リモコンの黄色ボタンを押すだけで、撮影した日付で自動的にまとまる「まとめ表示」機能を使うことで、見たい動画にすばやくアクセスすることができます。

2)取りこんだ4K動画をブルーレイディスクにダビングし※3、保存することが可能です※4。

2.録画機能のさらなる拡充

1)外付けハードディスクへ直接録画可能※5なSeeQVaultに対応
本機は、新たにSeeQVaultに対応。ソニーのブルーレイディスクレコーダーの独自機能として、本機に登録したSeeQVault対応の外付けハードディスクへの直接録画が可能になりました。これにより、1台の外付けハードディスクで、従来の使用目的であった容量拡張と、新たな買い替えに備えたデータのバックアップの2つの役割を担うことができます。また家の中の2台目のSeeQVault対応のソニーのブルーレイディスクレコーダーをご利用になる際も、外付けハードディスクをつなぎ替えるだけで、これまで録りためていた映像をそのままお楽しみいただけます※6。

2)ソニー独自の録画機能の搭載
ソニーならではの「番組名予約」や「おまかせ・まる録」の各機能も引き続き搭載。ご好評いただいている「予約ランキング」※7は、最大20番組までの表示に拡大し、今まで以上に快適に録画放送をお楽しみいただけます。

3.操作性の向上

1)本体基本機能の進化
本体操作性において、番組表や録画リストの表示速度が向上し、より快適にご利用いただけます。さらに、動画の編集機能も進化し、タイトル分割やタイトル結合、プレイリスト機能が加わりました。

2)「Video & TV SideView」によるスマートフォン連携
スマートフォンなどモバイル端末と連携し、外出先からの録画予約や、録画した番組を、ネットワークを通じてどこでも視聴可能なAndroid(TM)/iOS端末向けアプリケーション「Video & TV SideView(ビデオ&テレビサイドビュー)※8」も引き続き利用可能。本アプリケーションは国内で230万ダウンロードを突破しました※9。
外出先からの録画予約や、録画した番組をネットワークを通じてどこでも視聴したり、あらかじめ家で見たい番組をスマートフォンに転送しておくことで、電波の届かない場所にいても録画番組の視聴を楽しめる「おでかけ転送」機能もご利用できます。「おでかけ転送」用の動画は自動的に生成されるため※10、持ち出したい動画を予約時に選ぶ必要はありません。

4.ハイレゾリューション音源再生対応で、高音質な音楽体験を提供

ハイレゾリューション音源再生にも対応し、より高音質な音楽体験を提供します。ホームネットワーク経由でFLAC/WAV/AAC/MP3の音楽ファイルを取りこみ、再生することが可能です。CD音源や圧縮音源などをアップスケーリング※11する DSEE HX(TM)にも対応。音楽番組など放送録画の音質も向上し、より高品位な音楽視聴が可能です。

5.4Kブラビア(R)との連携強化により、さらなる高画質・操作性が体験可能に

本機とソニーの4Kテレビ ブラビアとを組み合わせて使用することで、4Kブラビアの性能を存分に引き出し高画質を実現する「4Kブラビアモード(「4K BRAVIA最適画質」)」を引き続き搭載しています。録画番組の内容や画質に関する情報を本機側で調整し、ブラビアに送り出すことで、ブラビアでのより高品位な4K画像へのアップコンバートを可能にします。また、本機を他メーカーの4Kテレビと組み合わせてご使用いただく場合にも、本機搭載の4Kアップコンバート機能をご利用いただくことで、高画質な映像をお楽しみいただけます。
さらに、Android TV(TM)機能を搭載したブラビア※12とつなぐことで、さらに快適に録画予約ができるようになりました。ブラビア独自の音声検索アルゴリズムにより、家庭内のネットワークでつながったブラビアから、音声で録画予約したい番組を検索できます。キーワードや放送日時を音声で話しかけることで、適切な検索結果が表示されます。

BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500の機能アップデート

2016年4月発売のブルーレイディスクレコーダー『BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500』の本体ソフトウェアアップデートを実施いたします。本アップデートにより、「SeeQVault対応」「編集機能(タイトル分割/タイトル結合/プレイリスト)」「本体操作性向上」等の機能が対応されます。アップデート時期は2017年7月中を予定しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201705/17-0531/

※1: 機器登録をおこなったSeeQVault(シーキューボルト)対応USBハードディスク使用により可能。
※2: SeeQVaultは、パナソニック、サムスン、ソニー、東芝の4社が開発した「高い再生互換性」と「強固なセキュリティ」を同時に実現するコンテンツ保護技術です。
※3: MP4データ形式でのダビング。
※4: MP4(4K)動画をダビングしたディスクを本機で再生すると、高フレームレートでの撮影など、条件やディスクの状態によっては、映像が乱れたり、音声が途切れたりすることがあります。安定して再生したい場合は、本機に取りこんでから再生してください。
※5: ブルーレイディスクレコーダーおよび外付けハードディスクのいずれもSeeQVaultに対応している必要があります。
※6: 対応している外付けUSBハードディスクについては、ソニーブルーレイディスクレコーダーサポートページでご確認ください
※7: 本機をインターネットに接続する必要があります。
※8: 「Video & TV SideView」アプリは無料。放送中の番組や録画した番組をモバイル端末でお楽しみいただくには、初回のみ購入が必要の「Video & TV SideViewプレーヤープラグイン」(購入前に無料のお試し視聴可能)のインストールも必要になります。本機のインターネット接続および対応端末とホームネットワークを接続する必要があります。詳しくはソニーブルーレイディスクレコーダーサポートページでご覧いただけます。
※9: 2017年5月31日時点。
※10: 「おでかけ転送設定 入」の場合。
※11: 最大96kHz/24bit相当まで拡張。
※12: 2017年発売モデルのA1/X9500E/X9000E/X8500E/X8000Eシリーズが対応。

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony

Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved.

リリース詳細:

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品