0

カメラがクレヨン代わり!?フォトツアー「三宅島 Crayon ~みやけじまクレヨン~」にて三宅島の魅力を子ども目線で発信【LUMIX CLUB PicMate】

2017年10月6日 13時20分
パナソニック株式会社の写真コミュニティ「LUMIX CLUB PicMate」は、三宅島クレヨン連携協議会とともに、子ども目線で三宅島の魅力を探るフォトツアー「三宅島 Crayon ~みやけじまクレヨン~」において、三宅島の新たな魅力を発信します。

▼「三宅島 Crayon ~みやけじまクレヨン~」フォトツアー概要
http://tabihatsu.jp/program/97292.html

[画像1: https://prtimes.jp/i/24101/48/resize/d24101-48-534676-4.jpg ]

「三宅島 Crayon -みやけじまクレヨン」は、三宅島の自然や風景を被写体にして子どもの目線で新たな魅力を探る子どもフォトツアーです。2017年11月3日(金・祝)~11月5日(日)または12月22日(金)~12月24日(日)の日程で、三宅島を巡り、島ならではの大自然や風景などを被写体に、子どもたちの自由な感性で撮影します。フォトツアーで撮影された写真は、写真家 佐藤仁重氏による審査の上、LUMIX CLUB PicMateにて紹介します(2018年2月公開予定)。

[画像2: https://prtimes.jp/i/24101/48/resize/d24101-48-771936-3.jpg ]

<ツアーのポイント>
1.大型客船スーパーエコシップ「橘丸」の「特一等和室」で行く!
 1組ごとの個室だから、ゆったりと船の旅が堪能できます。東京湾の美しい夜景も楽しめます!

2.フォト・インストラクターが同行します!
 上手な写真の撮り方を分かり易く解説するので、写真をあまり撮ったことのないお子様でも大丈夫!

3.パナソニック ミラーレス一眼カメラLUMIX Gシリーズ「DC-GF9」及び三脚は無償貸与。メモリ(micro SD 16 ギガ)は進呈!
 小型・軽量ボディに多彩な機能を盛り込んだ「LUMIX GF9」なら島内の持ち運びも楽々。お子様でも安心!


[画像3: https://prtimes.jp/i/24101/48/resize/d24101-48-125249-1.jpg ]

自然豊かで魅力が盛りだくさんな三宅島!この機会にフォトジェニックな三宅島に行って写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

[画像4: https://prtimes.jp/i/24101/48/resize/d24101-48-454545-2.jpg ]

「LUMIX CLUB PicMate」は写真を通じた地域活性化に取り組んでおり、三宅島の移住定住、観光振興に協力していきます。

■「三宅島 Crayon ~みやけじまクレヨン~」概要
・旅行期間:(第1班)2017/11/3(金・祝)~11/5(日)、(第2班)2017/12/22(金)~12/24(日)
 ※各回ともに5組〈1組=保護者と子ども(小・中学生 10才~15才)を含む3名〉までの募集となります。
 ※本ツアーはモニターツアーです。

・旅行代金:大人・子ども共にお1人さま15,000円〈保護者と子ども(小学4年生~中学生3年生・10才~15才)を含む1組3名まで〉
 ※1組=〈保護者と子ども(小学4年生~中学3年生・10才~15才)を含む3名〉
 ※公益財団法人 東京観光財団よりお一人さまにつき30,000円が助成されています。

・旅行企画・実施:近畿日本ツーリスト株式会社
 ※詳細及びご応募は下記サイトをご参照ください。

三宅島 子どもフォトツアー 《三宅島 Crayon ~みやけじまクレヨン~》
http://tabihatsu.jp/program/97292.html

【お問い合わせ】
LUMIX CLUB PicMateまで
http://lumixclub.panasonic.net/jpn/c/lumix_spn_inquiries/

<関連情報>
■東京都三宅島
三宅島は、東京から南へ約180kmの位置にある三宅島は、東京の山手線の内側とほぼ同じ大きさの島です。年間平均気温は17.7℃、30℃を超える日や0℃以下になる日は少なく、1年を通して温暖な気候の住みやすい島です。三宅島は富士火山帯に含まれる活火山であり、近年では2000年の雄山山頂噴火、それ以前では1983年阿古地区の噴火、1962年坪田地区の噴火と約20年周期で噴火を繰り返しており、島内のいたる所で観ることの出来る雄大な火山島景観は、まるで天然の火山博物館のようです。
http://www.miyakejima.gr.jp/

■写真家 佐藤仁重 氏
女子美術短期大学造形科卒。日本写真家協会会員。全日本写真連盟関東本部委員。女性だけの写真教室主宰。写真集「紐育(ニューヨーク)の休日」(朝日新聞社)。イベント講師ほか各種写真誌で審査・原稿執筆・作品発表。個展多数。
http://www.ne.jp/asahi/kaiseido/photo/

■LUMIX CLUB PicMate(ルミックスクラブ ピックメート)
「写真で地域を元気に。」ユーザー参加型の撮影会などのイベントを通じて、日本の地域ごとの魅力発信および、日本の写真文化の進展に寄与していきます。
http://lumixclub.panasonic.net/jpn/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

リリース詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000024101.html

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品