0

“英語教育の権威”慶應義塾大学 田中茂範教授ご登壇!英語4技能時代の「英語教育の本質と課題」とは<基調講演11/9開催>

2017年10月12日 14時33分
導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)は、2017年11月9日(木)、ココネ言語教育研究所所長で慶應義塾大学教授の田中茂範氏をお招きし、基調講演『マイ・イングリッシュを育てる英語教育』を開催いたします。

大学入試改革だけではなく、教育のあり方についても教育改革の波は押し寄せてきています。その中で英語4技能・5領域の評価や指導法の確立は急務です。しかし、スピーキング・ライティングのようなアプトプット型トレーニングについては、その実施に大きな課題が残っています。今、英語教育として何が課題であり、見落としてはいけない問題は何なのか?その観点から、英語教育の権威である田中 茂範氏にご講演いただきます。

<先着150名様限定>詳細・お申込みはこちら
https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/13954/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆“英語教育の権威”慶應義塾大学 田中茂範教授ご登壇!
基調講演『マイ・イングリッシュを育てる英語教育』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:2017年11月9日(木)14:10~14:50
主催:デジタル・ナレッジ
会場:秋葉原UDXシアター
定員:限定150名(先着、定員に達し次第締め切り
費用:無料
詳細・お申込み:https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/13954/

<登壇者>
慶應義塾大学環境情報学部教授/ココネ言語教育研究所所長 田中茂範氏

<講演概要>
英語力をつけるということは、英語学習を自分事として捉え、自分の中に息づく英語(my English)を作り上げていくことです。生徒がmy Englishを構築することができるように教育的支援を行うこと、これが英語教育の本務です。
ここでいう教育的支援を行うには、language exposureの質量、language useの質量、そしてurgent needの存在という3つの条件を満たすような場づくり(環境づくり)が必要となります。my Englishを構築するという課題は生徒の自律性に拠ることは言を俟たないが、my English構築の場を提供するのは教室です。
教室という場がLEの質量、LUの質量、そしてUNの存在という条件を満たすことができれば、その中でひとりひとりのmy Englishが育つ可能性が生まれます。筆者の提案は、生徒にとってmeaningfulでauthenticでpersonalな教育活動を多くすれば、自然と、ここでいう3つの条件は満たされる、というものです。


本講演は、特別イベント『「英語4技能」時代の教育~教育現場を支えるAIの可能性~』内でお届けする第1部の基調講演です。
特別イベントは4部から成り、技術ありきではない英語教育の本質や課題、またそれらをどのように技術が解決していくのか、AIをはじめとするテクノロジが教育に与えるインパクト等について、皆さんと共に考えてみたいと思います。

▼特別イベントの詳細とお申込みはこちら
https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/13954/

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■会社概要
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明

■セミナーに関するお問合せ先
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:安田
TEL:03-5846-2131(代表)
E-mail:infoadmin@d-k.jp

■取材に関するお問合せ先
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:広報 平山
TEL:03-5846-2131(代表)
E-mail:infoadmin@d-k.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

リリース詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000205.000012383.html

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品