1

ゲーマー集まれー! 全盛期には100万部、伝説のファミコン雑誌「ファミマガ」の裏話を教えるよー

タイトルに「超」と付いているだけでも「ファミマガっ子」としてはニヤリ。「超ウルトラ技」とか「超新作」とか、なんでもかんでも超をつけるのはファミマガの得意技だった。

[拡大写真]

みんなは「ファミマガ」を覚えているだろうか?
ファミリーコンピュータMagazine、通称「ファミマガ」は、1985年から1996年にかけ、徳間書店から発売されていた、日本初のファミリーコンピュータ専門誌。当時「ゲーム専門誌」としては、日本ソフトバンクの「Beep」がすでにあったけれど、ファミコンという単一のハードに焦点を当てた雑誌は正真正銘「ファミマガ」がはじめてだったのだ。
子供のころ、ぼくはこの...

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    儲かって儲かって仕方なくて,当時の編集者だったかが,銀座のクラブでホステスにフ○ラさせてやったぜーとか自慢してたのを思い出した。

    0
  • 1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!