今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

マリオのキノコはなぜ逃げるのか?

2012年2月27日 11時00分 ライター情報:米光一成

『インサート・コイン(ズ)』詠坂雄二/光文社
大森望の帯コメントは“人生(ライフ)を削ってPLAYしてきたすべての仲間たちへ。この本を読んで泣け。これが青春だ。”

[拡大写真]

大好きなドラクエやマリオや、ぷよぷよが登場し、語られる。
そんな文章を読んで、「なんか違うよ、それ」と思ったら、オススメなんかできない。
だから、読んでつまらなかったら帯コメントは断るつもりだった。
もちろん、いま、ここで紹介しているということは、とてもおもしろいゲームデザイン小説でありライター小説だったということだ。
帯コメントは、こう書いた。
“ゲーム、雑誌、先輩。三度、泣いた。ゲームをつくってきて良かった。”

おっと、最初にあげた謎だけは解明しておこう。
「スーパーマリオブラザーズ」で、ファイヤーフラワーは動かないのに、キノコはなぜ動くのか?
ファイヤーフラワーは、デメリットのないパワーアップアイテムだが、キノコは違う。デメリットがあるのだ。
流川先輩のセリフ。
「ブロックを壊せるということは、間違って壊してしまう可能性があるということでしょう。また、下から敵を叩くということが一回しかできないということでもある。失敗すれば空けた穴から敵が落ちてきます。ちびマリオのうちは敵を下から叩くことに繰り返し挑戦できるのに、大きくなるとより慎重なプレイが求められるわけです」
つまり、キノコが居座らず逃げるのは、キノコにはデメリットがあるので、プレイヤーが取得を選べる状態にするためなのだ。(米光一成)

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品