今注目のアプリ、書籍をレビュー

原発再稼働を急ぐ理由

2012年5月31日 11時00分

ライター情報:米光一成

『原発は不良債権である』(金子勝/岩波ブックレット)“なぜ原発は停止していると赤字を生み続けるのか。老朽原発を稼動したがるのはなぜか。電力債とは何か。なぜ東電の電力値上げに反対する必要があるのか。国に、東電に、怒り続ける著者が、原発の経済問題をえぐり出し、私たちが考えるべきことをわかりやすく提示し、被災地支援のためにとるべき道を示唆する。”

[拡大写真]

【原発ってどうして動かしたいの?】

原子力発電事業の不思議なところは、「どうして電力会社や政府は原発を再稼働させたいの?」ということだ。
これだけ大きな事故を起こしたのだ。「こりゃたまらん、稼動させたくないな」ってなるんじゃないの? 損害賠償や抱えきれない責任の大きさを考えるだけでも、政府や電力会社は「再稼働反対!」って言いたくなるべきではないか。

原子力設備を作っているプラントメーカーや建設業者が、動かしたいと考える構造は、以前紹介した座談会「原発の安全なたたみ方:資金・賠償・人材」で少し納得できた(記事:原発でボロ儲けできる理由)。
「原子力損害賠償法」という古い法が残っていて、まったくリスクを背負わなくていいという非常識な商売が可能なのだ。いびつな「おいしい」状況が温存されてしまっている。

では、電力会社そのものはどうなんだろう?
「原子力損害賠償法によって、東京電力だけに責任を課す構造になってしまっている」のだとすれば、電力会社は、もう、あんな怖ろしいコトを引き起こしたモノを再稼働させたくないって考えるのが、まっとうじゃないだろうか。
「恥も尊厳も忘れ、築き上げてきた文明も科学もかなぐり捨てて、自ら開けた恐怖の穴を、慌てて塞ぎたい」と考えるのではないだろうか。

なぜ、再稼働させたいのだろうか?

『原発は不良債権である』(金子勝/岩波ブックレット)を読んで、その仕組みの一端がわかった。

問題は、原子力発電所の解体困難性と維持コストなのだ。
これが、たとえば何かの単純な機械を作る工場なら問題は小さかった。工場を閉鎖して、売却するなり、他の施設に替える、という手を打てただろう。
だが、原子力発電所は「はーい原発解体して、また違うもの作りましょう」という気楽な転換ができない。


【電気料金はどうして値上げしようとするの?】
「原子力発電所の運転停止が長引けば来夏10%値上げ」と報じられた。原発の代わりの火力発電所の燃料費がかさむためだという。(朝日新聞:「原発停止続けば来夏10%値上げ」 枝野経産相

この報道では、火力発電所の燃料費が問題のように見える。
だが、問題はそれだけにとどまらない。
金子勝は指摘する。
“原発は一基あたり三千億から五千億ぐらいの建設費がかかります。何基も建てると兆単位の借金を負うことになります。同時に、原発は普通の機械設備と違って、放置しておくと危険ですから多額のメンテナンス費用がかかります。

ライター情報

米光一成

ゲームデザイナー/インターフェイスデザイナー/立命館大学映像学部教授/電子書籍部部長。ゲーム「ぷよぷよ」「BAROQUE」「トレジャーハンターG」の脚本監督企画担当。著作『仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本』『男の鳥肌名言集』等。宣伝会議編集ライター講座上級コース専任講師。
ツイッター/@yonemitsu
ブログ/こどものもうそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」