今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

宮崎駿が企てた「火垂るの墓」クーデター計画

2013年10月22日 11時00分 ライター情報:米光一成

『ジブリの教科書4 火垂るの墓』(文春ジブリ文庫) 大塚英志による『火垂るの墓』解題、高畑 勲×野坂昭如対談など読み応えアリ。

[拡大写真]

間に合うか、間に合わないか。その土壇場。
宮崎駿から、鈴木敏夫プロデューサーに電話がかかってくる。
「鈴木さん、いい案を考えた」
宮崎駿が、スナックの暗がりで、おもむろに出す紙には、こう書いてある。
「『火垂るの墓』クーデター計画」

高畑勲監督『かぐや姫の物語』は、宮崎駿監督『風立ちぬ』と同じ2013年夏公開予定だった。
だが、制作の遅れにより秋に延期と発表。さらに8月には11月23日に延期されると発表があった。
どこまで延期されるのか(いや、11月23日公開はさすがに大丈夫そうだ)。

『かぐや姫の物語』のプロデューサー西村義明は、鈴木敏夫にこう言われたそうだ。
「お前の選択肢は2つしかない。高畑勲を監督に選ぶんだったら、映画の完成は諦めろ。映画を完成させたかったら、高畑勲を解任するしかない」(『もっとVol.4総力特集ジブリの狂気』P86)

なぜ、公開延期になってしまうのか。
鈴木敏夫は、高畑勲監督についてこう語っている。
“なぜここまで遅くなるのか。僕が見る限り、高畑さんという人は、どこかで、映画がちゃんとできるなら、自分は死んだって構わないと思っている。だから怖いものはない。公開に「間に合う、間に合わない」についてはどう考えているのか、僕にはわかりませんねえ”(『ジブリの教科書4 火垂るの墓』P48)

つづけて、高畑勲監督の作品に対する姿勢について、こう語る。
“『火垂る』の現場で、最初のころ、僕が驚いたのは、B29が神戸の街に空襲にやってくる場面がありますよね。すると高畑さんは、当時、B29がどちらの方向からやってくるかを調べた上で、清太の家の玄関と庭の方向を考慮して、清太が見上げる顔の向きを決める。…とにかく何を描くにしても、自分で納得するまで徹底的に調べあげる。そりゃ、遅くなるよなという話なんですけどね(笑)”

というようなわけで、高畑勲監督『火垂るの墓』の制作がどんどん遅れていく。
で、冒頭で紹介した「『火垂るの墓』クーデーター計画」が登場するのだ。

宮崎駿が取り出した「『火垂るの墓』クーデター計画」には、「こうやれば『火垂るの墓』は完成する!」というリードまでついている。
“できあがった原画をこういう風に動画にすればいい、とか、色塗りをこうやればいいとか、技術的なアイデアが詳細に書いてある(『ジブリの教科書4 火垂るの墓』P49)。
「この計画を僕がやるわけにはいかない。これを実行に移せるのは鈴木さんしかいないんだから、やれ」と宮崎駿は言う。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメント 1

  • たくっち,みぃ 通報

    火垂るの墓が怖い

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品