今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

森見登美彦さんが8割、僕が2割で京都を焼け野原にした。万城目学に聞く『とっぴんぱらりの風太郎』1

2013年10月30日 11時00分 ライター情報:杉江松恋

『とっぴんぱらりの風太郎』万城目学/文藝春秋

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

万城目学は『鴨川ホルモー』などの関西の都市を舞台にした青春小説で読者に支持されてきた作家だ。その万城目が2年ぶりに世に送り出した『とっぴんぱらりの風太郎』は、なんと戦国時代末期を舞台にした時代小説だった。主人公の風太は忍者!

でも、なぜ万城目学が忍者小説を?

その謎について作者を直撃してまいりました! 前後篇のインタビュー、どうぞご期待ください。

───万城目さんはデビュー作から青春小説を書き続けておられますが、内容には伝奇ロマンの匂いがするものが多かったように思います。実はそういう傾向の読書体験をされてきた方なのではないか、と思っていたのですが、この想像は当たっていますか?
万城目 小学校のころに読んだ冒険ものとかのテイストが強いと思うんですよ。よく山田風太郎とか、半村良さんのお名前を出していただくんですが、子供のころには読んだことが無かったです。大人向けの伝奇小説って、僕が十代のころにはあまり無かったですし。触れる機会がありませんでした。
───ということは、この現代の伝奇ロマン的な作風というのは読書の影響ではなくて、万城目さんの中からでてきたものなんですね。
万城目 別に空想癖ってわけじゃないんですが、昔から変なことを考えるのはすきでした。そこに小説をくっつけるという発想はなかったんですね。大学3年生くらいから小説を書き始めたんですけど最初はずっと純文学を書いていました。新人賞に応募して1次選考も受からないような感じの代物です。29歳のときに、そろそろ諦めて就職しなきゃ、って局面になったんですが、今までのやりかたはだめだったから違うことをしてみようと思って、そのとき初めていつも空想しているような変なことを積極的に入れてみたたんですよ。そうすると話を書いていても楽しいし、中身もちゃんとしてる気がする。そうやって書いた『鴨川ホルモー』を出したらすごく評価されて、これが自分の形になるのかなあと。そういう手応えですね、最初はあやふやな感じで始まりました。
───作家の中には、自分は怖いものが好きだからホラーを書く、という風に嗜好と作風が直結している方もいらっしゃいますが、そうではなくて習慣としての空想と小説執筆をつなげてみようと思ったっていうのはおもしろいですね。
万城目 趣味で言えば、高校くらいのときには歴史小説とか時代小説が好きでした。父親が読んだ本をどんどん本棚に置いていくので、司馬遼太郎とか山岡荘八、吉川英治が家にたくさんあったんです。

ライター情報

杉江松恋

1968年生まれ。小説書評と東方Projectに命を賭けるフリーライター。あちこちに連載しています。

URL:Twitter:@from41tohomania

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品