今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

本好きが“本当にいい”と思った書店だけを集めました『本屋へ行こう!!』

2015年10月27日 09時00分 ライター情報:大山くまお
熱い読書会を開催する「双子のライオン堂」などの個性的な書店が数多く紹介されている。

京都の名物書店、ガケ書房のオーナー(現在はホホホ座に移転・改名)の山下賢二と、やはり京都の人気書店、恵文社一乗寺店店長だった堀部篤史の対談では、「地域の個人書店」の可能性が語られる。これを読むと、京都へ行ってみたくなる。

「全国の注目新規書店」では、東京・二子玉川の二子玉川蔦屋家電、東京・新宿のSTORY STORYなど、新業態としての書店にスポットを当てる。取材で国立駅へ行ったとき、洒落た書店だなぁと感心した「PAPER WALL nonowa国立店」も紹介。なるほど、オリオン書房の新業態なのね。

ホリエモンが語る書店ビジネス論に注目


Part2は「本屋ビジネス最前線」。ここでは出版不況、書店不況の中で奮闘する「売れる本屋の経営戦略」がそれぞれ具体的な実例とともに紹介されている。

ここでは、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSに出資者として関わる堀江貴文のインタビューに注目。本フェチではないクールな視点で書店ビジネスを解き明かしていく。本は利幅が非常に低く、売上だけで成立するのは難しいが、「コンテンツ力」を持っているため本は人を呼び込むためのツールになるという指摘も。昨今、カフェを併設したり、イベントを頻繁に開催する書店が多いのは、このためだろう。

そのほか、データも豊富に揃えられている。「都道府県別チェーン書店売上ランキング」もおもしろい。住んだことのない地方のチェーン書店って意外と知らなかったりする。

Part3は「本屋の現場から」。名物書店員たちが、自らの棚作りに関する哲学を披露する文字だらけの特集だ。

書店員がつくるフリーペーパー特集というマニアックな特集も楽しい。ほとんどが手書きで、いつの間にかおしゃれになったフリーペーパー界に、まだこんなにミニコミ然としたミニコミたちが残っていたなんて驚き。

かと思うと、物議を醸した元少年A『絶歌』を書店員たちがどのように扱ったかをシリアスにルポした記事も興味深い。

最後のPart4はディープな「偏愛的!! 全国古本屋探訪」。莫大なタレント本コレクションを元に徹底的なインタビューを行う吉田豪と、神保町で特殊古書店マニタ書房を経営するとみさわ昭仁の対談がいきなり濃い。

ブックオフ全店舗制覇を目標にするとみさわは、全国の古本屋をめぐっていても1店舗にかける時間はわずか20分ほど。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品