今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

付録史上最大かもしれない 「MonoMax」特別付録バッグが凄い

2016年3月23日 03時00分 ライター情報:米光一成
『MonoMax』が創刊100号ってんで、デカいバッグを付録につけた。
「BEAMS BIG ボストンバッグ』。
さっそく取り出すが、けっこう小さい。
「小さく折りたためます」って書いてあるけど、さすがにこれは小さすぎないか。
って、しょぼーんと思ってて、レビュー書くのが遅れてしまった。
「36lの容量、約50cm×34cm×20cm」って書いてあるが、いやいやこれは広げてもしれてる?って思って、しょぼーんってなったのだが。
まあ、なんか入れてみるかってんで、家にあるTシャツをいれてみたら、ふくらむふくらむ。
ごめん。デカイです。
雑誌の付録史上最大サイズなんじゃないだろうか。
ほんとにでっかい

Tシャツ入れても入れても、まだ入る。
20枚突破、30枚突破、40枚突破、47枚入れたところで、Tシャツのほうがなくなってしまった。もうちょっと入るのになー。
いや、ふくらんだ。デカい。
しかもデカさだけじゃない。
ファスナーはちゃんとWで、出し入れが簡単。この大きさだとWファスナーじゃないとけっこうつらいもんね。
さらに、外に小さいポケットもついている。
しっかり使えるものとして作られています。
「2、3泊分の荷物が入る大容量」って説明があるけど、ぼくだったら1週間旅行でも大丈夫だなこれだけ入るなら。

『MonoMax』創刊号の特集は「本当にいいモノ100」。
さらに「特別付録2」で小冊子「使える文具を徹底リサーチ! 仕事で役立つ鉄板文房具」がついている。
これで850円、お買い得!
最初「小さい」って勘違いしてしょぼんとしたからレビューのタイミング遅れてしまった。4月9日には次の号が出るので、おっ!と思った人は急いで本屋に。(米光一成

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品