今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

綾野剛 、斎藤工 、新井浩文…オトコマエな蜷川実花写真集「IN MY ROOM 」

2016年7月2日 10時00分 ライター情報:木俣冬
新井浩文 、窪塚洋介 、永瀬正敏 、綾野剛 、斎藤工 、村上淳 、 MIYAVI 、渋谷慶一郎 、菅田将暉 、妻夫木聡 、金子ノブアキ 、松山ケンイチ、早乙女太一、大森南朋、竜星涼 、玉木宏 、登坂広臣、猪子寿之、村上虹郎、大東駿介、小林直己 、堂珍嘉邦 、NAOTO 、鈴木亮平 、柄本佑 、伊勢谷友介 、三浦貴大 、中村達也 、瀬戸康史、浅野忠信 、坂口健太郎 、間宮祥太朗 、成田凌、 吉村界人 、東出昌大 、窪田正孝
蜷川実花写真集 「IN MY ROOM」 スペースシャワーネットワーク
体裁:B5判・並製・180頁(カラー/152頁 モノクロ/41頁)
7月10日まで、渋谷PARCOにて、写真展も開催中

眼福の36体。
19歳の新進気鋭の俳優から50歳の熟した俳優たち、さらには音楽、デジタルアートのクリエーターまで、今、気になるオトコたちが完璧にラインナップされている。女性人気抜群の斎藤工や窪田正孝などは当然抑えられているうえ、朝ドラで注目された坂口健太郎からNHKの新ドラマ「ふれなばおちん」でハセキョウを誘惑する年下男役に抜擢された新鋭・成田凌の顔もある。さらにはデジタルクリエーターの猪子寿之まで。
そのひとりひとりに写真家・蜷川実花が肉薄した写真集「IN MY ROOM」は、雑誌「EYESCREAM」で連載されていた「蜷川実花のプライベートモード」を1冊にまとめたもの。それでなくても、蜷川実花の写真は濃密なので、まとめて36人だと宝物殿のようにまばゆい。

写真集を買う前に、発売に合わせて開催された写真展を見に行った。
入り口を入ってチケット買う場所のすぐそばにこんな一文が。

「その人と同じ呼吸になるように、密やかに息をあわせる 同じ膜に包まれることが出来たら、こんなに嬉しいことはない」 

会場は宝物殿というより迷宮だった。2、3人が歩くと窮屈に感じる通路状態に会場を作り込み、ジグザグした角を曲がり、入り口をくぐるたびに、またひとり、またひとりと男たちの顔とカラダが立ち現れる。
しょっぱなは、大河ドラマ「真田丸」で加藤清正役の新井浩正。その後はベッドで煙草吸う窪塚洋介、道路でしゃがむ綾野剛、ホテルでカメラ目線の斎藤工、菅田将暉の大きな瞳、雨粒越しの玉木宏、跳ぶ村上虹郎、肩を抱く鈴木亮平、クラゲと瀬戸康史、甲を噛む坂口健太郎、窪田正孝の眉間・・・各々、ドキリとする目線や仕草で、しかも大判で迫ってくる。
ドラマチックな迷宮の路地は、一部をのぞき撮影可能で、女子高生ふたりが写真を背景に自撮りしまくっていたりして、通路を一気に通り抜けるというよりも、各コーナーごとにじっくりと見たり撮ったり、写真と絡み合う時間がほかの写真展よりも長い気がする。

ライター情報

木俣冬

著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』、ノベライズ『リッチマン、プアウーマン』『デート~恋とはどんなものかしら~』

URL:Twitter:@kamitonami

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品