今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

最後の夏コミ『それが声優!』原作者対談「握手だけじゃなくてハグもしています」

2017年8月12日 08時30分 ライター情報:丸本大輔
人気声優でありながら、作家や作詞家としても活躍している浅野真澄(作家としての名義は、あさのますみ)。
今年の4月、13年にわたる長期連載『ハヤテのごとく!』を完結させた人気漫画家の畑健二郎
二人のプロがコンビを組み、2011年の冬コミ(コミケ81)で第1巻を発表。その後も毎回、新刊を発表してきた声優あるある4コマ漫画『それが声優!』がついに完結!
8月13日(日)のコミケ92最終日に、サークル「はじめまして。」のブース(東地区 "あ"41で、『それが声優!2017 Final 君に届くように』が頒布される。
第1巻から『それが声優!』に注目してきたエキレビ!は、あさの&畑に3度目の直撃。本編12冊目となる最終巻にかける思いや、コミケ参加者へのメッセージなどを聞いてきた。
また、対談前編の最後には、アニメ『それが声優!』から生まれた声優ユニット「イヤホンズ」高野麻里佳高橋李依長久友紀から届いたメッセージも紹介!
あさのますみ=声優の「浅野真澄」としてだけではなく、絵本作家、作家、作詞家など文筆業でも活躍。/畑健二郎(はたけんじろう)=2004年〜2017年まで『週刊少年サンデー』で『ハヤテのごとく!』を連載

最終巻は14ページ増えて、すべてストーリー漫画


あさの この最終巻は、全部がストーリー漫画になっているんですよ。これまでは、4コマ漫画がメインで、その他に私の声優コラムや1コマ漫画、(4コマではない)ストーリー漫画もあるという構成だったんです。その場合、4コマ漫画のネームは私が描くのですが、ストーリー漫画のコマ割は難しくて、私には無理で。内容について書いた文章を畑先生に渡して、ネームから畑先生に描いてもらっていました。だから、今回、私はすごく楽をさせてもらっているというか……。声優コラムも無いし、大変な部分のほとんどは、畑先生が担って下さったんです。
 あはは。
あさの ページもいつもより多いんですよね。
 普段は40ページなんですけど、今回は54ページあります。しかも、これまでは1コマ漫画やコラムで埋まってたページも全部ストーリー漫画ですから……大変でした。
あさの 大変だったと思います!
 最初のネームでは、もらった内容を無理矢理40ページに収めていたのですが、どう考えてもページが足りなくて。展開が早すぎる感じだったんです。
あさの 私もそのネームを見せていただいたのですが、展開が早すぎて気持ちがついていかないというか。今回は特に共感しながら読み進めてみて欲しい内容だったから、どうしても間みたいなものが欲しくなって。「ちょっと、これだと早いですよね」と言ったら、畑先生が「じゃあ、長くしますよ……」みたいな感じに(笑)。

ライター情報

丸本大輔

1974年生まれ。フリーライター。瀬戸内海で生まれ育ち、現在は東京の西側在住。インタビューを中心に活動。得意ジャンルは、アニメ、マンガ、サッカーなど。

URL:Twitter:@maru_working

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品